2019-08-04

表現の自由を守る気のない、稚拙権力者と身勝手表現者

自分が好きな表現は良い表現、嫌いな表現は悪い表現という思想が感じ取れる言動を行うような芸術監督市長による今回の問題は本当に必要なのか?

誰かの表現に対して、批判する事は、言論の自由

しかし、こんな事をしていたら、自分表現に対しても批判されるのは当然であり、ましてや今回のような過激な展示物を扱えば、先鋭化した右翼思想を持つ層に狙われることは間違いない。

シャルリーエブドの真似事をして、自分ブランドを高めるつもりなのか?

こんな簡単予測できる事態は避けれたはずだが、問題を巻き起こしてでも、どうしてもやりたい人間が居る以上、開催する事自体を止めることはできない。

そして補助金を出している事を理由に中止を求めるやり方は、かえって問題を複雑にする。

行政によって潰されたと箔をつける行為だろ。

表現不自由標榜しながらも、実際には芸術監督の偏った思想を元に選別した展示である事が指摘されているが、今回に限っては見逃して、次回から控えるようすればいい。

一度展示したからには、最後まで展示を応援するべき立場のはず。

最初から知っていれば展示を断っていたつもりなのだろうが、そういう仕組ではない以上、表現の自由の観点から応援だけしていればよかった。

どのみち騒動が大きくなるほど、展示を取りやめることになるのだから

ツイッターでやってればツイ消ししてブロックすれば終わってたはずなのに、遺恨を残しすぎ

実際に展示に行って楽しめた人以外に何か良い事あった?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん