2019-07-23

サマーウォーズと十年前の夏

 僕は仕事を片付けスーパー銭湯でじっくりとサウナを楽しみ、ふろ上がりの食事をとっていた。食堂の大画面テレビサマーウォーズが映し出されていた。新幹線に乗って田舎へ向かうシーンで、冒険が始まるワクワク感が高まって仕事で嫌なことも忘れて画面にくぎ付けになっていた。そういえば今日放送だっけと思って、御飯を一気に書き込み自転車飛ばして自宅に帰ってテレビをつけた。

 テレビを見ながら気持ちはほぼ10年前の夏に戻っていた。ああ、確かサマーウォーズを見たのは大学ときで、先輩がDVDをもってきて見たんじゃなかったかサマーウォーズがすごく面白いと感じるのは、人生で一番楽しい時を過ごした思い出の一部だからだよなと納得。思い出補正というか、おじさんがこれまで過去作品過大評価していた原理理解してしまたことがうれしいやら悲しいやら。

 大学生の若造から立派なおじさんになっていたので、SF設定とかはちょっと無粋な突っ込みをしたくなってしまう。スパコンを使ってゲームするのはこいつら計算量でバトルしているからなのか? 放熱計算を考えたら氷で空冷はキツいのではとか、いったいOSは何を使っているのだろうとか考えてしまう。だけど、これだけ夢のあるSF10年前に描けたのはすごい。

 理系大学生だったら一度は自宅にスパコンのある生活夢想して、OSlinuxだと知って落胆するよね。

 この手の映画で唯一不満なのはちょっと主人公数学の難しさを難しさと感じさせないところ。スラスラと問題を解いて解決するよりも、計算ミスに足をすくわれたり、解き方に悩み尽くしたその先でひらめいたり、というシーンはあったのだろうか。問題解決する醍醐味っていうのはその挫折絶望と再挑戦にあると思うんだよね。主人公は「あきらめちゃだめ、数学問題と同じ」みたいなことをいうわけだけど、彼が悩みに悩みぬいて解決できたシーンがあればもっと盛り上がるのではないかと思う。

 ちなみに、僕が一番好きなシーンはラスト花札バトルでなつき先輩が変身するところ。花札全然からないし変身もバトルに全然関係ないんだけど、手に汗握ってみちゃう

そして、一般の方もどうぞ的なアニメに見せかけてしっかり僕のようなキモオタも喜ばせてくれるところがすごくいいと思う。

 昨今売れているアニメSFというかテクノロジーよりも「不思議」ばかりが全面に出ている気がする(何の作品を指しているかは皆さんのご想像次第)ので(?)、面白いアニメ映画があったら教えてください。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん