2019-07-19

責任能力が無いと減刑されるのに、権利普通にあるの嫌だな

心神喪失および心神耗弱の例としては、精神障害知的障害発達障害などの病的疾患、麻薬覚せい剤使用によるもの飲酒による酩酊などが挙げられる。

心神喪失状態においては、刑法上その責任を追及することができないために、刑事裁判心神喪失認定されると無罪判決が下ることになる。

心神耗弱状態においては、刑法上の責任が軽減されるために、刑事裁判心神耗弱認定されると刑が減軽されることになる(必要減軽)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%83%BD%E5%8A%9B

 

精神障害知的障害発達障害などの病的疾患、麻薬覚せい剤・酒によって責任能力を欠いていると、無罪判決が下るというメリットがあるのに、

デメリットが無いというのはおかしいな。責任能力を欠いていることで責任が問われないなら、権利制限されるのが筋では。

  • そこで判断されているのは「刑務所を経て社会生活に復帰しうるまともな人間」か「精神病院で治療されるべき異常者」かであってメリット・デメリットの問題じゃないぞ。

  • デメリットないと思ってる?おいおい。心神喪失で無罪になったらそのまま措置入院。自由はそこにはないんだよ。

    • 知的障害って入院させたら症状が改善するのかな? 刑務所の代わりの拘禁施設という役割なら分かるけど。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん