2019-07-07

クソ過ぎだったもの改善されていくと気分がいい

昭和生まれなのだが、昔は本当にクソだったなあとつくづく思う。

映像端子

コンポジット、S、D、コンポーネント、D-subDVIなどがあったが

今やHDMIとDisllayPortまでほぼ絞られてきている。音声端子も一緒になったのがいいところだ。

一本線を繋げばすぐ綺麗に映像が映る。

が、ノートPCプロジェクター類がいまだD-subを搭載していたりするのが許せない。いい加減切れ。

  

②壁電源コンセント

もうほとんど見なくなったが黄色い壁コンセントを知っている人はいるだろうか。

あれがもうガタガタ動くようになっているくらいの古い物が残っていた時期は

さっさと工事しろと思ったものだが、世の中からほぼ消えたので喜ばしい限りだ。

  

白熱電球

LEDに変わったのでいらなくなった。うっかり触るとあっちぃってなったあのクソなものだ。

虫はLED以上に集まってくるしで本当に糞だった。

  

ブラウン管テレビ

画質が悪い。今見ればどれだけクソな画質なのかがよく分かる。

ぼやけた色しか出せないインテリアとしてしか有効性が無い。こんなものはもう今の時代不要

  

⑤窓ガラス

昔の窓ガラスは本当にすぐに結露するクソ仕様だった。断熱性も悪く、クソクソクソ。

今の時代の窓ガラスは断熱性が段違いだ。いい時代になった。

  • anond:20190707084309

    基礎と土台があっての進歩なのにクソしか言えないのかクソザコゴキブリ 技術は進歩してるのに恩恵にあずかるのがお前みたいなクソザコゴキブリだなんて理不尽

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん