2019-07-03

心が折れた話

ジャンルにハマってからひたすら二次創作をしていたら、書いた話は100を越えた。

最初のうちは結構反応を頂けた方だと思う。支部でもツイでもよく触れてもらえた。いいねRTもしてもらえたし、ブクマもついた。コメントももらえた。

だけど支部にアップした話が50を超えた辺りから、あまり反応をもらえなくなった。コメントは滅多に来なくなって、ツイで呟いてもRTされなくなった。いいねはしてもらえるけれど、それで終わり。ちゃんと中身を読んでもらえてるのか分からない。

自分では何が悪いか分からなかった。貰ったコメントには返事をしていたし、話のネタがよくないとも思わない。

ジャンル友達に頼んで最初に書いた話と近頃書いた話を読み比べて貰ったら、断然最近の話の方がいいと言ってもらえたから話自体が悪いのではないと思う。だけど反応は減ってく一方だ。

元は自分が読みたくて書き始めたものだ。交流評価のために書いた訳じゃない。でも承認欲求がない訳じゃないし当然ある。めっちゃある。だから不特定多数の目に触れるネットにアップし続けてない。

段々減ってく反応は飽きて必要とされなくなったことを分かりやすく突きつける指標になって、新作をアップするたびにゴリゴリ心がすり減ってく。支部アドレスを貼ったツイが全然反応してもらえないのに、誰かのおはようツイがRTで流れてきたら四文字挨拶以下なのかって惨めになる。楽しくてやってる事だったのに、どうしてこんなに辛いんだろうって虚しくなってく。

作品をアップしたことを呟けばいいねはつくけど、それ以外の反応はないから本当に読まれてるのか分からない。穿った見方をしている事は分かっている。前はいいねだけでも嬉しかったのに、ひねくれてしまった。

でも、所詮その程度だったんだなと思ってしまった。ジャンルは違うけど多作でも飽きられずにずっと好意的な反応を貰えてる人を何人も知ってるから、私がそうでないのは所詮その程度のものしか書けていないから。そう思っちゃったら、次を書いてアップする気にはもうなれない。

自分の書く話は今も好きなままだ。どの話を読んでも面白い萌える。何度読み返してもいい。

からこれから自分のためだけに書くことにした。ネットには上げなくていいや。だって必要とされてないんだもん。私だけが読めればいい。そうすることにした。だって疲れちゃった。

から私は、ネット作品を全部消してネットから完全に消えようと思う。二度と戻ってくるつもりはない。別枠で支部の退会ボタンを表示させながらこれを書いている。ちょっと楽しい。書く必要のないことを無駄に連ねたのは、遺言みたいなもんだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん