2019-05-25

運動会子供たちを競争させるのは「教育」ではない

子供運動能力の差は努力ではなく、ほぼ生まれつき

身長などの遺伝的な差のみならず、遅生まれ早生まれで1年近い成長差がある。

まれつき不利な子供がビリという結果を晒す運動会は教育上良いことなのか?

運動が苦手な子供でも運動好きにさせることが教育なのでは?

勝ち負けをはっきりさせることが精神力を養う?

社会には勝ち負けがある。それを教えることが教育なんだ」という反論もあると思う。

それなら運動会だけと言わず算数テストでもなんでも点数を全員に見えるように貼り出せばいい。

伝統的な行事から思考停止して運動会の残酷性に気づいていない人が多いんじゃないか

運動会は「教育」ではなく「見世物

運動会には大人が見物して楽しむ娯楽という側面がある。

それが悪いとは言わないけど、子供に悪影響があることな大人我慢すべきだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん