2019-05-25

リアル知人をブロックして自己満足した

SNS相手ブロックすることなんて日常に溢れていて今更言及する必要もないが、自分自身の心の整理のために書く。

私が週一で顔を出すサークルに、とある知人Aがいる。

Aは自然と周囲に人が集まるタイプ人物で、サークル部長を任されるくらいに人望が厚い。

Aは活動的人間で、複数サークル所属していて(いわゆる『兼サー』)精力的に活動しているらしい。

大学入学した当初、Aの面白そうなツイートを見て興味が湧いた私は彼女フォロー飛ばして、その後Aからフォローが返ってきた。このフォロー/リフォロー前後はあるいは逆だったかもしれない、正確なことは覚えていない。

とりあえず、現実で対面する前から私とAとはFF関係だった。

フォローした当時はAとは一切面識がなく、Aのアカウント中の人がAであったことはサークルに入ってしばらく経ってから知った。

サークルでのAと私の関係は至って普通で、大きな諍いが起こったこともなく日常的に会話もする、サークルの終わりに二人で食事に行ったこともあった。

私に対するAの態度は特別でもなければ嫌っていることもない普通のそれであった。

Aに不信感・嫌悪感を抱き始めた切っ掛けは、ごく小さな彼女言動だった。

サークル活動お菓子を作っていた時のことだ。

Aが危なっかしい手付きで作業していたので「ここをこうした方が良いんじゃない?」と親切心でアドバイスしたところ彼女は「人の揚げ足を取らないでよ」と返してきたのだ。

この時は相当衝撃を受けた。『揚げ足』という言葉は格上や同等の人間に対して使われることは少なく大抵は格下の人間に向けて使う言葉からだ。(似たような言葉として”調子に乗るな”という言葉がある)

私は同学年のAと対等にありたかったし対等に見ていた。

しかし、この時「どうしてそのような言葉を使うのか、もしかして私はAから見下されているのではないか」という小さな猜疑心が内に芽生えた。

それ以降、Aと会話する度に彼女言動一つ一つに違和感を覚えるようになった。

Aと議論しているとき彼女当事者であるにも拘らず「どうどう」と茶化すように私のことをあやしてきたこと。

Aが仕事を振るとき、私だけ仕事を少ないこと。

Aと話の流れで食事に行くことになった時、彼女スマホを弄って一向にその場から動こうとしなかったこと。

約束を守らないこと等々。

私は自身が繊細で被害妄想の気があることを自覚しているので何度も猜疑心を打ち消したが、こうした出来事が積み重なって『Aは私を見下している』という結論に至った。

あるとき私がTwitterで「リアルの知り合いをブロック解除したらギスギスするよね」というツイートをした際、Aが空中リプライで「ブロックして相手が傷つくと思っている人って自己肯定感高すぎるでしょ」といったツイートをした。空中リプライではなかったかもしれないがタイミングから観て、私のことに言及しているのは決定的だった。

どうしてこの人は人に対して攻撃的で自分物差ししか人を見れないんだろうと思った。

かに私は自己肯定感が低いフリをして自己肯定感が高い最悪な人間だ。が、それ以上にAにツイートを見られたくなかったから私はブロック解除がしたい。

とりあえず私はAのツイートから彼女彼女が見下している私ごときブロックされても傷つかないしギスギスすることはないのだろう、と推測してブロック解除した。

ブロック解除した瞬間は解放感に似た爽快なものがあったが、これからのことを考えると憂鬱でもあった。

もうこれ以上Aに精神不安定にさせられるのは御免だった。


サークル活動自体楽しいのでこれからも続けていく。

Aとの関係も表面上は今まで通り続いていくと思う。

口先だけの天然見下し人間関係があっても疲れるだけだった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん