2019-05-14

茂木健一郎氏が子供を間接的に虐待している問題について考えてみる

タイトルはややキャッチータイトルだが、これは茂木氏に悪意を込めて書いているわけではない。

ここ数年、茂木健一郎氏やネットで話題天才少年に群がる大人たちに問題点があるので、このエントリーにまとめておこうと思う。

このエントリーを書くきっかけは、自称少年革命家ゆたぼんを名乗る小学生Youtuber(以下、ゆたぼん)君が話題になったことだ。

彼の動画をいくつか見てみると、案の定茂木健一郎氏が動画に登場していた。それを見ると、「あぁ〜またやったか・・・あのおっさん・・・」という言葉表現するには難しい

虚無感に襲われた。なぜ、そう感じたかというと茂木健一郎氏が子供を持て囃すのは今回が初めてではないからだ。

Tehu君

最近では、昔に比べ大人しくなり、軌道修正成功した感じのあるTehu君だが、彼も茂木健一郎氏の犠牲になった一人だ。

ただ、一時期の彼は彼自身も認めているように調子に乗っていたのも事実である。そして、その原因の全てではないが、茂木健一郎氏も

大きく関わっていると言えるだろう。茂木氏はTehu君を「天才少年」とラベルを貼りまくった。

そして、Tehu君と対談しては未来スティーブ・ジョブズと言わんばかりに持ち上げた。結果、彼は自分を「天才」と本気で勘違いしてしまい、

不遜な態度をとるようになっていった。そうして、理想のTehu君と現実のTehu君のギャップはどんどん大きくなっていき、彼はネットおもちゃ

なってしまい、イタイ発言をする意識高い系代表格になってしまった。

何度も書くが、もちろん、本人にも問題があるし、茂木氏だけのせいではない事に加えて、Tehu君を持て囃した人間は他にも数え切れないほどいるからだ。

茂木氏と距離を置くようになった現在は、昔のような不遜な態度や振る舞いは影を潜め、地道にがんばっているようだ。

同じく茂木氏に絶賛された元女子高生社長椎木里佳についても書こうと思ったが、彼女はまだ、Tehu君のような軌道修正兆しが見えないので、今回は書くのをやめておく。



中島芭旺君

ゆたぼんを見たときに、真っ先に思い出したのが中島芭旺君である。正直、未成年なので、名前を書くかどうか非常に迷ったが、親も含めて名前公表しているため、

伏せ字にする意味がないと判断し、本名で書かせてもらうことにする。

この芭旺君は茂木健一郎が世に売り出したと言っても良いだろう。彼は数年前、天才哲学少年としてテレビなどに登場しており、紹介される際には、必ずといっていいほど、

茂木健一郎さんが絶賛!」などのキャッチコピーがついていたと記憶している。

しかし、登場する番組を何本が見た記憶があるが、彼の言葉は前向きな言葉ではあるが抽象的でふんわりしたものばかりで、「今を大事しろ!」とかそんなレベル

加えて、彼が書いたとされる著書の語彙との差が、あまりにも激しい印象を受けた。9〜10歳にしては喋れてるような気はするけど、これは本当に本人の言葉なのか?という違和感がずっとつきまとっていた。

当時、彼を起用しているテレビ局もおそらく、その違和感を抱えながら、ゲストに迎えていたのではないかと推測するが、実際のところはわからない。

2019年現在中島芭旺君を「天才!」だと称賛している人がどれほどいるか?言いにくい事だが、過去の人になった感は否めないだろう。

その大きなきっかけかどうかはわからないが、中島芭旺君がTVタックルに出演した際に、元政治家タレント杉村太蔵氏に論破されたことがあった。

彼はアドリブに滅法弱く、度々、言葉に詰まり、他のタレントフォローしなくてはいけない状態になっていたのだ。

そんな中島芭旺君だが、Youtube世界こどもサミットスピーチする姿を発見することができた。

この動画感想は人それぞれ違うだろうが、自分中島芭旺君がとても不憫で見ていられなかった。

彼の主張、彼の言葉、彼の仕草全てが虚像に見えてしまい、本当に彼はあの場でスピーチたかたか疑問しか残らなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=rFslPQQOuBw


茂木氏が絶賛したかつての二人の少年は一人はネットおもちゃとして苦しみ、もう一人は、貼り付けられた天才哲学少年というラベルに苦しめられているように見える。




子供を不必要に褒めちぎるという虐待

茂木健一郎氏の一番の問題は、彼が子供が持つ無限可能性を潰してしまっているということに彼自身が気づいていないことかもしれない。彼は普通のレールから外れてしまった子供を見つけては、

俺が育てたと言わんばかりに「天才」というラベル無責任に貼っているのだ。そして、対談などを行い、意識高い系界隈がしっぽを振って喜びそうな会話をして話題を作りをして、ネット雑誌記事を書いてもらい悦に浸る。こんな事繰り返せば、誰だって自分天才だって錯覚するだろう。実にタチが悪い。

しかし、現実問題茂木氏が簡単に見つけられるほど、本当の天才というのはなかなか現れない。なんなら、生まれながらの天才なんていないかもしれない。

にも関わらず、茂木氏はゆたぼんのチャンネル動画出演し、脳科学茂木健一郎お墨付きを与えてしまったのだ。「頼むから学習してくれ。茂木健一郎よ。」

子供天才を背負わせるということがどれほど残酷非情なことかなぜ理解できない?小学校宿題ときで反発したゆたぼんの未来に何が見える?

お願いだから、これ以上子供だけは犠牲にしないでくれ。

  • anond:20190514015722

    進撃の巨人でそんな話あった。友人にお前は特別だと言われたことがきっかけで、無茶して部下を犬死させて、漸く自分が無能と気づいた頃には取り返しはつかない。気になっていた看...

    • https://anond.hatelabo.jp/20190514022224

      あの界隈の悪い癖ですが、「普通」というのを極度に嫌うんです。 だから、すぐに天才とか言いたがるんだと思います。

    • anond:20190514022224

      結果からこじつけ導き出すのも変では。ごり押しっぽいな。

      • anond:20190514025017

        本人と親にも問題があるのは言うまでもないが、持て囃して商売に利用しようとする大人も問題。 また、茂木健一郎氏が子供を褒めることで理解ある大人を演出してる感じも良くないと...

  • anond:20190514015722

    茂木健一郎のなかには 東大理一?だかに余裕で入れたという自負と こんなはずじゃなかった (もっと学歴のようなシステム化された価値基準ではない何かで評価される人生が送れたは...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん