2019-05-04

性格が悪くなった

性格が悪くなった。テレビを見れば文句しか出てこなくなった。流行のものもくだらなく見えた。駅ですれ違う人の会話も、笑い声も、浅く馬鹿らしく耳障りで不愉快だと思った。

子供の頃は良かった。空の色とか道端の草花とか、そんなものしか見えていなかった。クラスのいざこざも、親の不仲も、60点のテストも気になんかならなかった。

そんな自分社会は許さなかった。

前を見てきちんと席について、友達の話をよく聞いて、自分意見を持って、隣の誰かと共感し合うことが、教室の窓の外で揺れる電線より、教科書落書きより、遠くの星に住む宇宙人よりずっと大事なことだった。

休み時間は本を読む時間ではなくて、校庭でボールをぶつけ合う時間で、噂話をする時間で、友達でいるための時間だった。

同じ色の人同士がチームになって、狭い狭い教室での居場所を奪い合うのが、「クラス」というゲームルールだった。同じチームでだって、水面下で奪い合いは続いていた。ずっと一緒にいなければ、いない間に標的になる事を知った。誰かの陰口を一緒になって言うことが友好条約だと知った。他のチームと対立すればするほど、自分自分のチームの一員として大事にされる事を学んだ。

顔がでかい、毛深い、笑い方がキモい柔軟剤臭いほうれい線やばい、サボってばっかり、てか走り方が変、そんな粗を探してはあげつらった。時々ヒソヒソと聞こえる自分の「粗」は聞こえないふりをした。

同じ人を悪く言えば仲間だと思った。

誰かを悪く言えば、自分は良くいられると思った。

陰口で繋がれば、みんなの言う普通からはみ出さないだろうと信じた。

人間関係戦争だとずっと思い込んでいた。

大人になって、優しい人と仲良くなった。人の悪口を言わない、誰のことも褒める謙虚な人だった。そんな人だから、こんな自分の事も褒めてくれた。友好条約なんて無くとも、ずっと仲良くしてくれた。その人の周りの人も、やっぱり優しい人ばかりで、誰も戦争なんかしていなかった。余裕がある人はこうなのかと思った。

それでも卑屈な自分には、誰かの粗を探さなくては、一番下になってしまうように思えて怖い。

今日馬鹿っぽいコメンテーターが誰でも言える事を保身に保身を重ねて喋るニュースを見た。似合わない金髪タバコ臭いブスを見かけ、大声で武勇伝を語る酔っ払った学生とすれ違った。

弱い犬ほどよく吠えるのは、吠えていないと噛みつかれると信じているからだ。自分が弱くないと、噛みつかれないと信じ切れるようなカードが一つもない自分は、見えない敵と戦い続けるしかないのだろうか。

場所なんか無くとも人に笑われようとも、空想世界に居続けたかった。こんな愚劣な人間として、醜い争いに興じる人生なんか要らなかった。

  • anond:20190504175649

    性格悪いほうが面白いもの作れるらしいよ お前の文章は全然面白くないけど

  • anond:20190504175649

    鬱なので病院に行きましょう。

  • anond:20190504175649

    悪口は、音頭をとる人が休んだりするといきなりみんな穏やかになったりする。 よく人を見て、和して同せずの態度でのらりくらりとかわしてゆけたらいいね。 食べ物とか健康とか、...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん