2019-05-03

的場梨沙への逆風

最近広く報道されてる「父子相姦で父親無罪」の事例、一番迷惑被ってるの的場梨沙だと思う

父親大好きのパパっ子」って言っても「まあ12歳、小学生からまだそういうのも微笑ましいよね」というキャラ付だったし、オタクヘイトを買いがちなマセガキ生意気女児を「まあ、なんのかんのいってまだ子供だし一生懸命背伸びしてるんだな」とわかりやす理解していただけるためのおもてなし属性として「パパ大好き」だったはずが、事件のせいで全然微笑ましく受け止められなくなってしまった。「パパとデート」が趣味っていうのも「娘と父親セックスしても無罪」とされた今では、まったく洒落にならない。

漫画とかアニメならストーリーが進むごとにキャラは成長していくから「パパよりプロデューサーさんやファン大事」みたいに方向転換もできたかもしれない。

でも、ゲーム場合、何年たっても小学生だし「今どきのマセガキファンのことはロリコン呼ばわりするガチファザコン」ってキャラ付けからは大きく外れられない。総選挙のこのタイミングで思わぬ逆風が吹いたなって思ってる。まあ順位はどうあれ結城晴とのセット売りで声ついてユニット曲も出るだろうけど。

  • むしろそういうのを聞いてむしろ興奮するようなオタク向けのキャラ付けじゃないの? 父子相姦きめえとか思ってる奴は最初から興味持たないだろそういうキャラ

    • バリッサ、どっちかというと女性ファンの多いキャラだと思ってた

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん