2019-05-03

anond:20190503012503

エネコのオスは育児をしないという定説があった。

かに野良猫のオスは育児を一切しない。

しかし完全室内でつがいで飼われており、自分の子であることが確実であれば、イエネコのオスは子猫の世話をするようになった。

育児参画は生物学的に決まっているのではなく環境に左右される。

男性長時間労働が課せられているか育児能力が身につかず、家庭内での存在感がなくなり、ATMになり、

妻だけがキャリア毀損して「男性と比べ価値の低い労働者」とみなされ低収入になり、夫の大黒柱としてのプレッシャーは増す。

オスの特徴、男の特徴とされているものは、環境制度リソースに作られている。

記事への反応 -
  • anond:20190503013225

    将来的にそれを目指そうって話は理解出来るけど 現状は「育児に参加しない選択を出来る男性」が仕事上有利なのはしょうがないんじゃね

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん