2019-04-25

自分の好きな映画GW中に彼女に見せようとしてるそこの君、女が『ダークナイト』にそっぽを向くわけを合理的説明する

端的に言えば、「リアルじゃない」から

 

こう言ってしまえば「女はリアルものばかり好んで~」

文句言う諸兄もおられるだろうが、実はこれは男も同じバイアスを持っている

 

それは昨今のポリコレによる配役やキャラ属性の転換

(例:女が男より強い、黒人LGBT要職に就くなど)に対する

男の評価を見れば明らかだ

男も「リアルじゃない」モノに対する明確な拒否感を持っている

というわけでそもそも男女ともに、リアリティからかけ離れた現代劇には

一定拒否反応が存在する

 

 

 

ではダークナイトのどこがリアルではないのだろう?

男目に見れば、ダークナイト一見リアリズムを突き詰めた映画のように思える

 

しかし、バットマンという存在を一旦忘れ、現実を見てもらいたい

どんなに鍛えた男でも、悪党銃弾一発で死ぬし、

あんなに周囲から攻撃に耐えられるほど注意力、瞬発力、筋力はない

ラップルガンもバットラングバットモービルも、街中でのフルトン回収システム現実的ではない

ジョーカーのようなテンプレに沿ったサイコパス実在しない、せいぜい中二病を拗らせたソシオパスである

 

かにダークなテイストで粗を隠してはいるが

結局のところ従来のマッチョポルノからは脱し切れていない

社会には概してこの「ハードボイルドマッチョな」物語テンプレコンテクスト存在する

理由もなく主人公が強い」「主役対多人数でも勝てる」「自己犠牲世界を救う」などが

不文律としてハリウッド映画の根幹に設定されている

しかし、女からは当然「リアルではない」と客観視されてしまうのだ

 

なので子供のように、ファンタジーバカげてる世界観でも納得できるご都合主義的な理解

そしてファンタジー世界ハードボイルドさの演出で粗隠ししているという

メタ認知ダークナイトに前置きされない限りは

この映画違和感なく万人に受けることは無いと自分は言い切れる

 

これは昨今のポリコレ配慮した映画拒否反応を起こす

男の映画ファンも同様である

 

どのような映画であれ、前持った理解というのは必要なのだ

  • むしろリアルだと思って見てる奴がいるのか

  • ぜってーそんな理由じゃねーよ。 女がダークナイトにテンション上がらねーとしてら、バットマンとかどーでもいいからだよ。 バットマンがどうでもいいのは、あれが男の琴線に触れる...

  • ロマンスが弱いのと暗い雰囲気が嫌いなだけだろ ラピュタみたいなクリフハンガーの連続は受け入れるわけだから

  • ショーシャンクの空にも別にリアリティはないしなあ

  • 好きですが何か。

  • 何いってんだ。バットマンはアニメだろ。 アニメはキモオタのものだろ。 だからキモオタが嫌いな人達は興味が無いんだ。 それが大前提だ。ダークナイトに興味ないor嫌いな90%がそれ...

    • オマエが現実見ろやクソ老害。 アニメがキモオタ――、の時点で平成生まれは失笑かブラウザそっ閉じしてんだよ。 俺やオマエみたいな昭和と違って頭いいからスルーだけどな。

  • 映画はフィクション

  • オメーはダークナイト好きなバットマンファンの女を敵に回した 夫は「ヒース・レジャーがジョーカーのイメージにそぐわない」と反応がイマイチ

  • 1945年、日本人はアメリカに原子爆弾で大量虐殺されました。天皇は日本を敗戦に導いた指導者でした。おめでとうございます。 In 1945, the Japanese were massacred in America by the atomic bomb. The Empero...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん