2019-04-24

それでも世界日本は良くなっている

高齢者運転している車で若い人が亡くなった。若い人は高齢者への怒りをあらわにする。

世代間での対立生まれる。

女性地位の向上について目に見えた結果はなかなか無い。女性が苦しみを訴えると男性にも苦しみがあると語り始める。

男女間での対立生まれる。

同性愛者同士の結婚はまだできない。

政治家への不信は尽きない。

マスコミへの不信だってまれている。

労働時間は長いし、過労で亡くなる人もいる。

自ら死を選ぶ人もいる。

治安が良いとされていた国でもテロが起きるし、

信仰による差別は消えない。

貧富の差も生まれている。

ノブレスブリージュってなんだっけ?

他になにがあるだろ。

忘れてることもあるんだろう。

探せば枚挙にいとまがない。

世界日本も悪くなっている様に見えるけど、







それでも世界日本は良くなっていると思ってる。

僕は、

性的マイノリティの方がいることを知る事ができた。

子育てが大変であると知る事ができた。

家事の大変さを知る方ができた。

女性が苦しみを抱いていることを知る事ができた。

男性にも苦しみがあることを知る事ができた。

上にいる人の悩みだって聞く事ができた。

いや、まだちょっとこれはわからいかも知れない。

いろんな人がいるんだと知ることができた。

10年来の友達に会う事ができた。

プログラムだってちょっとかけるようになった。


今日

店員さんに笑顔ありがとうが言えたし、

ありがとうございますと返ってきた。

枯れかけだったオブツーサは徐々に元気になってきた。

スマホを拾って届ける事ができたし、

この文章あなたに見てもらえる事ができた。

たくさんの問題が見つかったけど、

それでも世界日本は良くなっている。

僕らが誰かが火をつけたわけじゃ無い。

あの問題たちは目に見えないところでくすぶり続けていたんだ。

僕らが誰かが火をつけたわけじゃない。

しろ、僕らは火消しを続けていくんだ。

あの問題たちが解決しても、

僕らは、今は可視化されていない問題を見つけては、

悩み、苦しみ、世界日本も悪くなっているように感じるかも知れない。



そんな時は音楽でも聞こう。

ビリー・ジョエルのwe didn't start the fireはかっこいい。これを書くきっかけだ。

ベアネイキッドレディースのThe Big Bang Theory Theme Songは、全てのことがビッグバンから始まったという曲だ。

嫌なこと全てを宇宙の始まり押し付けてやろう。


本でもいいしTEDを聞くのもありだ。

TEDで明るい話題を探そう。

こんなのが見つかった。

スティーブン・ピンカー: データで見ると、世界は良くなっているのか、悪くなっているのか?

御誂え向きかもしれない。

一頻り悩んだら今日も火消しに勤しもう。

明日はどの火が消えるだろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん