2019-04-17

2.5次元らしさ

2.5次元があまり好きではない。というより2.5次元特有のノリが好きではない。

具体的に言うと「安っぽいコメディー感」だ。

アドリブとかでよくある2.5次元俳優ギャグコメディーには同じことをやってる訳ではないのに何か一貫性がある。この感情に近いのは女優変顔かな。「格好いい◯◯くんがこんなギャグするなんて!」「クールな◯◯さんがコメディーっぽいことしてる!」やってることは対して面白くなくてもギャップの振れ幅で面白いと感じるのだろうか。

キャラクターのことが好きで、原作が好きで、愛をもって紳士舞台に取り組んで欲しいと思うのはワガママなのだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん