2019-04-14

「お」と「を」の違いを口頭でどう説明する?

紙とか使って説明するなら書けばいいので誤解はありえない。

問題は口頭で説明するとき

おれは

重い「を」と軽い「お」

説明する。

そしてこれはどうやら栃木県民にしか通じないらしい。

東京にきて10年目にして知った衝撃だった。

他の人にきくと、

「を」は「うぉ」、「お」は「お」

発音することで呼び分けてるらしい。

おれにとっては

「を」も「お」も「お」

なのだ違和感しかない。

追記

思ったよりも伸びて焦った。

そしてたくさんの「お」と「を」をありがとう

重い「を」と軽い「お」がおれの30年の人生絶対基準たった。

「を」に「うぉ(wo)」なんて発音存在することは衝撃だった。

そしてこれを知った今でもいおれはそんな発音できないし、重い「を」と軽い「お」は子どもにも伝えるだろう。

これはおれの譲れない価値観だ。

でも、こんなにも多くの人の「お」と「を」に出会えたのはすごく嬉しい。

おれは意見とか価値観多様性があることはどんなことでもとてもいいことだと思ってる。

そしてその意見をぶつけ合って議論すべきだし、その議論される場所があることは本当によいことだし、批判もどんどんすべきだと思う。

からおれはツイッターかぶコメが好きだ。

ただ、それは前提としてお互いに理解し合う姿勢がなきゃダメだと思う。

おれは「うぉ(wo)」とは発音しないけど、君が「うぉ(wo)」と言うのは(なんか嫌だけど)尊重するってことだ。

色んな意見があっていいんだよ。

常識」とか「一般的」とかい言葉で少数を見捨てたり、ロジック正義と言わんばかりに正論振りかざしてねじ伏せたり、(被害者でもないのに)被害者ぶって感情的に争ってはダメだ。

議論して、批判し、時には否定だってあっていいかもしれない。

でも最後相手意見価値観を腹落ちしなくても認め、存在を許容する。

対立意見を許さない、存在を消そうとする、自分と同じ意見に変えてやらないと気が済まないというのはもう最悪。戦争のもと。

もう一回いうけど、お互いを理解し合う姿勢を前提に、自分価値観意見に自信を持って主張していきたい。恥ずかしいことは何もない。時には否定されてもいいと思う。

LGBTフェミニズムポリコレ東大祝辞批判とか、レイプ無罪判決批判とか、みんな「お」と「を」の複雑なバージョンだと思ってみて。

ほら、重い話が軽い話に感じるだろう。

  • anond:20190414010753

    あ行のおとわ行のを

  • anond:20190414010753

    じょしか男子か

  • anond:20190414010753

    をは「くっつきのを」

  • anond:20190414010753

    正しくは発音はどっちも「お」らしい

    • anond:20190414105657

      現在はね。 しかし歴史的には発音が異なっていたという来歴があるので、「を」の方を敢えて昔風に強調して「ウォ」と言えば通じる。

      • anond:20190414110420

        横からだけどこれ だから発音として差がある元増田はちょっと驚いたわ 栃木では現代でもこの2つの音に違いがあるんだなと

        • anond:20190414150032

          方言によっては今でも「お」と「を」の発音が異なっているとか。 もちろん世代差もあるそうですが。

        • anond:20190414150032

          栃木では現代でもこの2つの音に違いがあるんだなと  ← いや、「栃木ではこの2つの音に違いが無い」と元増田は言っているように思えるのだが...。

  • anond:20190414010753

    助詞の「を」

  • anond:20190414010753

    をもおならぜんぶおでいいのでは?

    • anond:20190414113623

      現代仮名使いを制定する時に、そうしようという議論もあったとか。

  • anond:20190414010753

    上の「お」 下の「を」

    • anond:20190414114142

      それって、なんか、「上のお口と下のお口」みたいでヤラシイ。(どこが⁇)

  • anond:20190414010753

    「を」のことは、難しい方の「お」って伝えてる

  • anond:20190414010753

    発音でなら「お」と「うぉ」で変えてる

  • anond:20190414010753

    わ行の「を」ローマ字入力では wo である。わうぃううぇを 発音は うぁうぃうぅうぇうぉ だったのだろう。

  • anond:20190414010753

    俺の出身県では「を」の事を 小さいお って表現してる

  • anond:20190414010753

    おパンティーのお パンティーを被るのを

  • anond:20190414010753

    使い分けてるマンはどう使い分けてるのか書いてくれ 定家仮名遣い準拠なのかそうではないのか 「香り」を「かをり」と発音して「かおり」と書くのか 「丘」は「をか」か 「上野」...

  • anond:20190414010753

    難しい方の「を」

  • anond:20190414010753

    「を」の発音問題に関しては、現在「を」しか残っていないわ行の問題と考えるべきなのか。「わゐうゑを」「ワヰウヱヲ」だよなあ。だったら/w/を頭子音とする行だ、で済みそうな話...

    • anond:20190415104041

      だったら/w/を頭子音とする行だ、で済みそうな話だ。  ← それ、普通は「わ行」と言うのでは?

    • anond:20190415104041

      「ヰ」や「ヱ」については、仮名ができた当初の発音は w だったけれども、その後、日本語の音の歴史的変遷があったので、iseki や yebisu のような事例が出来てきたのだとか。 ヰ wi の...

  • anond:20190414010753

    ダブリューオーの方です。 アルファベットのオーです。ダブリュー要りませんとか

  • anond:20190414010753

    重い「を」と軽い「お」 って、どうゆうこと? 発音が違うわけじゃないんでしょ? 栃木では。 だから、発音から受ける印象の重い軽いの話じゃないよね。 かと言って、文字自...

  • anond:20190414010753

    追記が大げさで笑った。 この話は価値観の話じゃあるまい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん