2019-04-09

里帰り出産が終わった

泣くほどさみしい。

死すら願うほどに。

命すら生み出したいほどに。

出産のため、3ヶ月ほど実家に世話になった。

臨月を過ごし、無事出産。そして床上げ、実家から自宅へ帰った。新幹線でも数時間距離

実家の父母とは仲も良く、みんなで旅行に行くような関係性で、今回の里帰りもとても楽しく過ごし存分に甘えさせてもらった。

可愛い我が子と、喧嘩もするが大好きな両親と、日々の暮らし幸せだった。

30代にもなったのに大人になりきれないのだろうか。両親と離れるのが死ぬほど辛い。

旦那と暮らせないことよりも実家を離れるほうが断然寂しい。誰にも言えないが、旦那が迎えに来る日は本当に嫌で嫌でしかたなくて、事故にでも合ってくれたらまたこのまま実家で暮らせるのにと本気で考えたし、今でもその思いは、脳の引き出しの割りとよく使う棚にきちんとしまわれている。

さらに寂しさに拍車をかける事実として

今回の出産子供は2人目。

3人目は考えていないし、万が一出来たとしても、長く里帰りすることなどは到底無理だろう。上の子には学校もあるし、ヤンチャな時期の子供を2人も抱えて里帰りすることの気苦労を想像するだけで胃が痛くなる。

数年前の話だが、1人目の里帰り終了時も例に漏れず、帰宅後は1ヶ月ほど毎朝泣いていた。

朝起きたら母がいて父がいて、おはようと声をかけて、ニュース番組ツッコミを入れながら朝ごはんを食べる。そんな和やかな時間は失われた。

旦那は早朝に仕事に出かけてしまうため、言葉の通じない赤子と二人きり、誰の声もしない朝を迎えるたびに涙が溢れた。

でもその時はまだ未来に夢があった。

「2人目を産む時はまた帰れる」

愛しい葬儀屋に会うために、身内を殺す女の話を思いだす。

しかし今回は、もうその夢はない。

産後ホルモンバランスがこれでもかと崩れる。毛は抜け、肌は荒れ、情緒ゼリーで出来たジェンガのように脆い。

この辛く寂しい気持ちも、そのホルモンバランス悪戯だとわかっている。現に1人目を産んだ時は寂しさを少しずつ忘れることができたし、旦那子供の3人暮らしを楽しく過ごせていた。

でも今、今、

この瞬間に死ぬほど寂しいのだ。

殺したいくらい辛いのだ。

怖い夢を見て、母のベッドに潜り込む我が子のように、寂しさから逃げて実家屋根の下で安心したい。母のぬくもりに包まれて再び眠りにつける我が子が羨ましい。

今、結婚する前にタイムスリップすることが出来たなら、全力で止めるだろう。

さみしいつらい。

さみしい、つらい。

現実にこんな話をする子持ちのおばさんがいたら皆引くだろう。しかも涙まで流し、世間的にも私から見ても「出来た旦那」の命すら惜しまないと語るのは異常だ。匿名しか吐露できないこの気持ちを、文字に起こすことで少しでも捨てたかった。(が、実家への慕情確認し募らせる行為しかならなかった。)

人間は忘れていく生き物だし、あと1ヶ月も経ってホルモンバランス落ち着けばこの気持ちも緩和されるだろう。

でも私はきっと思い出す。

旦那運転する車の後部座席

流れる晴れた空を見つめながら

かにいたことを。

あの暮らしが、両親と過ごした時間

幸せだったことを。

孫のおむつを替える母の手を

眠る孫を見つめる父の横顔を。

孫と大人気ない喧嘩をする母の声を

孫と手を繋いでコンビニへ行く父の背を。

今後、子供が成長する節目のたびに

夜に布団の中でそっと泣くだろう。

入学式を終えたその足で、ランドセルを背負った孫を見せに行きたかった、などと思うのだろう。

さみしいつらい。

さみしい、つらい。

遠距離でも、両親が揃って元気に生きているだけ幸せなんだと自分に言い聞かせている。

次に会える日を指折り数えて待っている。

私が思う最良の人生を夢見ている。

  • anond:20190409141024

    うんち

    • anond:20190409141258

      おまえはすごい。おまえはおまえがどんな人生を送り、どんな考え方をして、どんな責任感で仕事に挑んでいるかを、この日記にしっかりまとめている。本当にすごい。俺にはできない...

  • anond:20190409141024

    核家族って人類の歴史上でも非常に新しい形態の家族だよね。 だからあなたの実感は正しい。 それでもあなたは大人になるどこかのタイミングで故郷を捨ててしまった。 子供にとって...

    • anond:20190409142138

      江戸時代にも地方から都会に出てくる人沢山いたわけだが…

      • anond:20190409142405

        江戸時代に江戸に出てくる連中は、(1)参勤交代による武士階級(2)地方農民の次男三男で職人・商人の丁稚になるもの(3)売春婦として売られた女性、くらいしか思い浮かばな...

  • anond:20190409141024

    出産直後のホルモンバランスの乱れもあるのでしょうが、お気持ちは分かります。 ただ、いつか貴方が、長い人生の終盤を伴侶と穏やかに暮らす時、自分が今度は子を慈しむ親の立場な...

  • anond:20190409141024

    今日も女は愛情ないのに夫と別れない

  • anond:20190409141024

    泣いた。 なんでこんなに生きづらいんだろうな。

  • anond:20190409141024

    さみしい時はいつでも増田にお立ち寄り下さい🙂

  • anond:20190409141024

    自分は実家を離れてもう10年以上経つんだが、昔から里帰りが苦手だ。 自分のテリトリーじゃ無いので全てにおいて勝手が分からないのがストレス。 実家というのは旅行のように客とし...

  • anond:20190409141024

    ちょっと羨ましい。里帰り出産したけど「私の時は誰も助けてくれなかった」を連呼する親なので何で実家に帰っちゃったんだろう、早く自宅に帰りたいって思いながら世話になってた...

  • anond:20190409141024

    子供が子供を産むとこうなるって感じ

  • anond:20190409141024

    マザコンでキモすぎ

  • anond:20190409141024

    パンがないならケーキを食べればいいのに

  • anond:20190409141024

    地元に残って同郷の男と結婚すればよかったのにね。来世に期待。 文体のせいか本当に気持ち悪く感じる。

  • anond:20190409141024

    統計上、妻の実家近くに夫に住むことが逆パターンより多くなっているのは、こういう甘えた女のせいである。 今は空前絶後の妻優遇社会なんだよな。 なぜか逆かのように言われるが・...

  • anond:20190409141024

    結局子供が出来なかった夫婦なので、これを見ると人それぞれだなぁと思う。 わたしから見たら子宝二人も羨ましいなんて思うけど、人から見る幸せなんて状態だから、その人の心情な...

  • anond:20190409141024

    「実家依存症」という言葉があるくらいなので、増田は特別ではないよ。

  • anond:20190409141024

    そもそも昔は家族みんなで住んでたもんだよ 家にはお婆ちゃんが居て、妻が休みたいときは面倒を見てくれていた。 それが本来人間の社会として自然な姿なんじゃないかね

    • anond:20190508193647

      せやな、ほんまにそうや

    • anond:20190508193647

      人間本来の在り方なるものは存在しない。 遺伝子に適合した在り方というものは考えられるが、それならば前近代よりも遺伝子に合った社会も考えられる。

  • https://anond.hatelabo.jp/20190508205601

    anond:20190409141024 わかる。 自分も里帰り出産後、自宅に帰りたくなかった。旦那のことは好きだけど、両親も好きなんだよな。覚悟して家を出たつもりでも、寂しいもんは寂しい。 こん...

  • anond:20190409141024

    一人娘ならこうポエムになれるんだろうけどうち娘3人だったから孫が6人に増えるまで次々もどってきたり面倒みにいったりしてて大変そうだった あと孫も覚えてないから昭和生まれ...

    • anond:20190508210013

      今時は男児を産み育てる方が老後は自由に生きられそうだな 嫁に取られる寂しさはあるだろうけどその分孫育て等で苦労しなさそう 子供を介護要員としてアテにするとか時代遅れだし

  • anond:20190409141024

    すごい 気持ち悪い 気持ち悪い

  • anond:20190409141024

    親が大好きで信頼できるのは本来いいことだよ~。 問題は夫と子供と自分で構成される家族に安らぎを見いだせないこと。 『出来た夫』っていうけど愛情がないように見受けられる。な...

  • anond:20190409141024

    男が「実家から離れたくない」って言ったら マザコンキモってボッコボコに総叩きに合うんだろうなあ おーこわ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん