2019-03-23

自己肯定感正しく育みたかった人生だった

このあいだいろいろあって数年間憧れてた人に認識されてるって知ったんですよ。

ネット上でしか知らなくて、繋がってもいないんですけど、なんだか知られていたわけです。ここ詳しく書く気ないので好きに想像して。

そこからは嬉しさと恐怖がもうないまぜ。

多分わかる人にはわかるだろうけど、わからない人にはまっっっっっっっったくわからない感覚だと思うんですが、憧れてる人、好きになった人にはなるべく自分存在を知らずに一生を終えてほしいなって思うわけなんですね。

なんで?そこから交流持てるようすればいいのでは?って思う人もいるとおもう。それに関してはすごく健全健康的な思考だなって思う!ある程度の自己肯定感を持っているひとなんじゃないかな。

でもさぁ、自分っていう存在を、知られれば知られるほど嫌われるものだと思ってるんですよ。何をやってもダメで、人をイラつかせるんだと思ってるんですよ。

から憧れの人に知られてたとか、恐怖感じてしまうんですね。

こんな一ミリ価値のない人物なんて、憧れの人の世界存在してほしくないんですよ。

そもそも上記の考え方が自分本位のクソみたいな思考じゃん?

なんかもう人生やり直したほうが早い気がしてきた。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん