2019-02-12

オンラインサロンがどうとかについての対処

イケダハヤトとかはあちゅうとか、なんか色々話題になっているけど、ふだんそういったものを見かけたときに、ぼくがやっていることを教えたい。

ぼくは彼らを「うさんくさいクラスタ」として取り扱っている。うさんくさいと感じるのは「金が目当ての話」「夢のある話」「綺麗事」「過激な話」ばかり言っている人で、そんなに根拠なく入れている。

うさんくさいクラスタ」にはたとえばZOZOの人とか落合陽一とかキンコン西野とか高須クリニックの人とか佐藤優とかが入っている。イーロンマスクギリギリ入れている。かなり雑に分類するので出たり入ったりが激しい。

ぼくは更に、うさんくさいクラスタの中に「ウシジマくんクラスタ」という分類を作っている。要はウシジマくんに出てくるようなことをしている人を入れていく。「汎詐欺師クラスタ」とも呼んでいる。

機械的な分類方法は、次のとおりで、何かに当てはまればそのように分類している。積極的身辺調査することもなく、即断で分類する。

・すでにウシジマくんクラスタに入っている人と親しくしている

炎上しても自分は正しいとし、堂々としておりさらに何度も炎上している

VALUかいサービスを使ってる

自分成功した人(金について)と考えている

・有料セミナー・講演を頼んでもいないのに開きたがる

ネズミ講を複雑にしたビジネスモデルを使う

与沢翼とかホリエモンとかイケダハヤトとかそういう感じの人を勝手にこのクラスタとして取り扱っている。ホリエモン結構ギリギリ入ってるぐらいの感じ。スピリチュアル宗教とか右翼とか左翼とか、困ったら遠慮なくぽんぽんと入れてしまう。

おもしろいことに、このような方法人間関係を調べずに適当に分類しているにも関わらず、人間関係がそういうふうに結びついていることがわかったりすることが多い。この現象について、容易に抜け出せないことからブラックホール現象勝手に呼んでいる。

また、この界隈の信者の人を「お客さんの人」と名付けている。

こんなかんじ。

お客さんの人 or ちょっとうさんくさい

↓(ブラックホール現象

うさんくさいクラスタ

↓(ブラックホール現象

詐欺師クラスタ

この分類の何がいいのかというと、変なことを言っていても「まぁホリエモンからな」で済ませられるところと、いいことを言っているときは「ホリエモンにしてはいいことを言ってる」となるところ。いいことが増えると、どんどんクラスタから排除される仕組みにはなっているけど、基本的にそういうことはない。

たとえいいことをしても偽善だと罵倒されまくるので、いいことをしまくるメリットがないし、今までのマイナスが大きいからなかなかプラスにならないのだ。この信用度という指標も、ものすごく大きい。この指標はこのクラスタ外の人にも使える。

「みんなもこのように考えてみて!」というわけではなくて、このように偏見を持ってわざとバイアスをかけてみるとそんなに嫌な気持ちにもならないと思うのでオススメしておきたい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん