2019-01-27

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠 雑感

ハードSwitch選択肢総当たり(一部除く)でクリアまで行けるタイプADV

キャラクターデザインが「オホーツクに消ゆ」(ファミコン版)の原画の人(荒井清和さん)なのでプレイしていた人には懐かしいかも。自分は「オホーツクに消ゆ」はキャプテンシステム配信されてた序盤部分しかプレイしたことがないので、絵柄に対する思い入れ特にはなかったけれど、システムと相まって懐かしい感はある。

そのシステムはあえて昔風にしているのか、メッセージスピードの変更や既読スキップなんてものはない。なので行き詰まって総当たりし始めると辛い。いや和英辞書片手に通る単語探すのに比べたら楽だろうと言われればそうなのだが。あと特定名前を除いて、文がかな表記なのと字体のせいでテキストが読みづらい。オプションで拡大すればある程度改善するけれど。

内容はミステリーというよりタイトルで分かる通りこてこての2時間サスペンス。一部BGM火サスっぽい感じのDS西村京太郎サスペンスシリーズの方がかなりミステリ寄りだった。終盤に迷路(そんなに広くはない)があるので、そこ以外は総当たりでクリアできるはず。カーソル動かして調べる場所を指示、とかもないので詰まらなければクリアまで2、3時間ぐらい。

そういえば堀井ミステリー三部作で「オホーツクに消ゆ」だけクリアしてない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん