2019-01-22

TC終了に際して感じること

最初に、私は暫定結果1位の陣営に身を置いていました。

まず、私は配役の時から「この役はこの子しかいない」と思って投票してました。そして役を争うことになった相手担当、まではいかないが大好きなアイドルTATBで苦い思いをした子なのでどうしても役を取ってほしかった。

まあなんやかんやで投票が終了、担当陣営は無事暫定1位を獲得。このまま円満に終われば、と思いましたがめんどくさいオタクはそうはいきません。

どうしても大好きなアイドルちゃんに役をあげたかった。どうして苦い思いをしているのにも関わらず勝てる方にいかなかったのか。「相応しい役を」というコメントを見かけましたが私は「否が応でも役を取れ」というスタンスでしたので不思議で仕方ありませんでした。

担当陣営比較平和にかつ迅速に「これでいこう」と決定していたので揺るがず一直線に行けたので私はめんどくさい陣営でなくてよかったと心底安心していました。

そんなわけで嬉しい気持ちと悲しい気持ちが混在しているのが私個人の現状です。

それはさておき、私が1番疑問におもう仕組みはコンベンションセンターです。

ご存知の通り、プロデューサー同士の交流可能場所

私はコンベの存在意義は「投票先の意思統一」だと思っていました。

そこで、投票終了となった今、なぜコンベが残っているのか、とても疑問に思いました。

平和に話しているコンベもあれば、荒れに荒れているコンベの存在もあるわけで。特に意思統一に失敗した陣営、「嫌な発言はこの言葉で流そう」とはっきり言った陣営には目も当てられず…1位の陣営への荒らし行為、全く関係ないコンベへのうざったいコメント、など、全く何を考えているのかと。

そもそも荒らしをするユーザーへの対応が雑すぎたのです。荒らしユーザーはコンベへのアクセスが出来ないようにする、ブロック機能を強化する、色々解決策はあったと思います。なのに注意喚起で終わらせられてしまい、根本的な解決はしておらず、荒らしは湧くばかりでした。

そして私自身のコンベの利用について。本当にこれに関しては自分が最低だなと思ったのですが、相手が大好きなアイドルだったのでどうしてもお礼を言いたくてお伺いしました。幸い煙たがられず受け入れてくださったのですが、考えればとても軽率でした。担当の顔も見たくない人もいたと思います。余計なことを言わなければいい雰囲気のまま終われたのに。後悔してもコメントの削除は出来ないのでどうしようも出来ません。今も胃に穴が開きそうで投票間中よりも消耗してるように感じます。この場を借りて懺悔します。

ここまで「客観的に見たコンベ」と「私自身のコンベ利用の反省」について書かせていただきました。

これを踏まえて「配役アンケーターの設置」、「コンベンションセンターを設置する場合投票終了後即刻閉鎖」、そして「コメント削除機能実装」をしてくれると嬉しいなと思います運営ちゃん、お願いします。

どうかこれを読んだ方が次回の投票企画(TD?)などで生かしていただければ幸いです。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん