2019-01-04

AMR危険性について

この文章は、わが国において広く用いられているアルミーロール危険性について提言するものである。以下、AMR略称する。

わが国において、この化学物質工業用・食品添加物として多く利用されている。工業用では製紙などに、食品添加物としては安定剤などに用いられている。

ドーナツチェーンにおいては、外食事業者のため原材料名の表示は義務付けられていないが、食感を向上させるためとして、一部の製品に添加されている。

AMRには一つ疑念を抱かせる点がある。それは、冷却によって老化を起こすという点であるAMRは冷却すると老化し、もとの状態には戻らない。この現象は、特定AMRを原料とする食品において、歯茎から出血を誘発する。

また、AMR肥満の要因となりうる。一般的に、成人が微量のAMR摂取すると、直後からインスリンも分泌されはじめ、30分後にピークを迎える。しかし、インスリンの過剰な分泌は低血糖引き起こし低血糖意識障害やけいれんを引き起こす。

中華料理店では料理AMRを添加する傾向があるが、これらの料理店で食事をした後手足がけいれんするという症状が多く報告されている。

2013年台湾AMR流通していることが発覚、毒性を理由に回収された。にもかかわらず、日本ではまったく警戒していない。日本もっとAMR使用に関して慎重になるべきである

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん