2018-12-21

格ゲーが衰退する理由アメリカが分断される理由が同じ

格ゲーが本当に衰退しているのかどうかはともかくとして、この種のゲーム弱者強者絶対に勝てないデザインになっている。

から弱い奴は一生懸命練習練習を重ねて、それこそ生活余暇は全部格ゲーに費やすくらいにならないと勝てない。

アメリカの分断は金持ち強者貧乏人の弱者の間の分断だ。そして社会デザイン弱者強者絶対に勝てない。

アメリカン・ドリームなんていうのも80年代の話。40年も前に過ぎ去った夢だ。

翻って日本はどうだろう?俺の肌感覚だと、大卒者のグループとそうでないグループでは30代になると倍くらいの年収差が生まれていると感じる。

年収600万の大卒グループと、年収300万の非大卒グループだ。

でも、この壁は格ゲートップ層に勝てるようになるのやアメリカで成り上がるのと比べるとまだ越えやすい壁だ。でも、今のままだとどんどん壁は高くなっていくだろう。曲がりながりにも実力主義ではあるのだから

ここで今必要デザインは、スマブラのような強い、弱いはあるけれども弱者でも強者に勝てる可能性がある社会デザインではないのだろうか?

それだけが社会階級固定化を防ぎ国民みんながだいたい豊かな社会を形作るだろう。

  • anond:20181221151042

    ここで今必要なデザインは、スマブラのような強い、弱いはあるけれども弱者でも強者に勝てる可能性がある社会デザインではないのだろうか? スマブラは弱者が強者に勝つの難しい...

  • anond:20181221151042

    中間層の「いつ落ちぶれるか分からない」って緊張状態が強まるだけじゃないかしら。 最上位層と最下位層は結局変動しないと思うし。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん