2018-12-19

anond:20181219154209

吹かないほうが錆びるぞ

https://jp.quora.com/%E8%A5%BF%E9%83%A8%E5%8A%87%E3%81%A7-%E6%92%83%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%BE%8C%E3%81%AB%E9%8A%83%E5%8F%A3%E3%81%AE%E7%85%99%E3%82%92%E3%83%95%E3%83%83%E3%81%A8%E5%90%B9%E3%81%8F%E4%BB%95%E8%8D%89%E3%81%AF%E4%BD%95

鉄砲発明されてから1900年代の初頭頃まで火器に使われた火薬黒色火薬が主でした。

西部劇などによく登場するシックスシューターとかピースメーカーと呼ばれる回転式6連発もこの火薬を詰めたカートリッジ式(薬莢と弾頭)の弾を使用していました。

この火薬木炭粉、硫黄硝石の混合からなり高い爆発力を発揮させるのですが、多量の火薬カスと白煙を発生させます

大量の白煙は時に次の照準が困難なほどでしたし、銃にとってはこの火薬の燃焼後の酸化物はサビの原因ともなり、またカーボンの堆積も著しいものでしたので、銃腔(砲身内)にいつまでも滞留させておくのは好ましくないと判断する者がしていた仕草

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん