2018-12-14

よしんば魔法が使えたとして

例えば火魔法取り扱い資格〇〇級とかあって、級ごとに使える上限値がきっちり決められてしまうだろう。

バレなきゃいいという考えがあったとしても火災報知器みたいなマジックアイテムなどの着用も義務付けられるんだろうよ。

そして魔法を使うことにも税金がかけられるに違いない。

魔法使用税とかそんなの。上級魔法なんかはきっとお高いのだろう。

政府がやらないわけがない!!!

魔法の暴発事件もあるだろう。

病気を患って、ボケた老人が発火するんだ

ボケてるから魔法防止装置を外したりするんだきっと

ああ。こうやって現実的に考えていくと

魔法がどんどんつまらなくなっていくな

もう寝よう。

  • 俺も江戸時代にスリップしたら脚気を治す魔法が使える

  • 真田いた

  • 手投げ弾ってイオラじゃないの

  • 魔法って魔の法なわけで、そのまんま読むと人知ならざるものの法りなわけで 誰もが指パッチンで炎を起こすことができる世界なら、その行為を魔法とは呼ばないんじゃねえかと思うん...

  • 魔法のマンボ

  • よしんばって響きからヤマンバを思い出した 今思うとあれって姥捨て山みたいな感じで捨てられた婆さんのことだったんかなあ

  • 包丁も魔法も生活には便利なものだ そしてどちらも、それを用いて容易に他人を害することができる 包丁は使わずとも街中で持っているだけで罪になる よって魔法を使える人間も町に...

  • 事前登録制で、登録された魔法だけが使用を許されるのでは。 派生(ファイア→ファイラ→ファイガのように)があり得る場合は何段階まであるか、とか。 または、上位魔法を習得(ライデ...

  • 魔法とか全然関係ないんだけど、よしんばの思い出。 小学生の頃、なんかのタイミングで「よしんば」という言葉を覚えた僕たちは、よしお(仮名)のあだ名を当然「よしんば」にした...

  • 「よしんば」言いたかっただけちゃう?

  • この増田を読め anond:20181214033158

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん