2018-12-07

嫌がらせのしやすい娯楽

ネットは娯楽。これは私がネット社会で生きる上での信念みたいなものなのだが、最近嫌がらせを受け続けていて楽しめない。

Twitterとある人と個人的な事で揉めて以来、ネット掲示板アカウントを晒されたり、質問箱なんかに嫌がらせに近い投稿、更にはあることない事も書かれてやりたい放題やられてる。

その人との揉め事は私にも多少非はあれど、その人の暴言悪事を食らったのは他でもなく僕自身だし、その人は話し合いをした時に、自分が傷つけると自覚してやっていた。と話していたけど、僕から謝罪はしてもその人自身から謝罪は全くなかった。

それなのになんで私ばかりこんな嫌がらせをされなきゃいけないんだろう。

そろそろ訴えてやりたい。

そう思ってそういった証拠は逐一スクショしたり魚拓をつくって抑えてはいるんだけど、見る度見る度辛くて泣きだしそうになる。

そう思う時点でもう娯楽じゃないんだなって思ってる。そう思わせる位にはきてる。

匿名性の高い場だから、なんとなく予想はついても確証までは中々踏み込めない、顔が見えない

それこそ、多勢を装ってやる事なんてのも容易だ。

なんて嫌がらせのしやすい娯楽なんだろう。

僕はそういう悪い使い方で使うくらいなら素直にネットを離れるのにな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん