2018-12-07

人族vs猫族

お前たち人族は、自分たちが猫族よりも賢く強いと思っている。

しかし実際には違う。

人と猫、それぞれが絶滅するリスクを考えた時、猫の絶滅リスク値(Cat extinction risk value:CERV)は常に人類絶滅リスク値(Human extinction risk value:HERV)より常に下回る。

例えば、猫が死ぬ危険ウィルス蔓延して、猫が絶滅する恐れがあるとわかれば、人は必死こいて猫を守ろうとするだろう。

しかし人が死ぬ危険ウィルスで、人が絶滅しそうになっても、猫はなにもしない。

その結果、人が絶滅しても猫は困らない。

これはすなわち、猫族が地球から絶滅する順番は「必ず」人族よりも後、おそらくはずっと後になるということを意味する。

人族はこの惑星で生き延びるために「知能」という進化を選び、その代償として身体能力出産能力に大幅な制限をかけた。

猫族は人族の知能を利用するために、自分たちの体をかわいく進化させた。その結果、人族には不可能な小さな体で、人族と知能と同等の利益(おいしい猫缶、猫ベッド、猫タワー)を享受している。

この惑星で本当に勝利したのは、猫族なのだ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん