2018-12-06

立川志らく師匠M-1審査について、内容が適切なことは分かった。じゃあ伝え方は?

『M-1グランプリ2018』で立川志らくは何をどのように審査したのか。

http://memushiri.hatenablog.com/entry/2018/12/04/213330

 

あの聞いている方がハラハラしてしまうような態度は何だったの?

審査員という立場にいる人間が、不必要場の空気を変にすることが果たして適切だったのか。

文章化するとまともに見える?当たり前だよ、言い方や態度が関係なくなるから

内容が適切だから審査も適切という主張には待ったをかけたい。

適切な内容と適切な伝え方、二つが揃って初めて適切な審査と言えるんじゃないか

 

以下、想定問答集

 

M-1過酷な賞レースなのだから甘っちょろいこと言うな

過酷な賞レースであると同時にエンターテイメントショー(…であることに異論はないと思う)

から審査員側から積極的に変な空気を作り出すのはおかしいし、フェアじゃない。

例えばオール巨人師匠本来もっとズバズバ言う人だけど、ちゃんM-1向けに出力を調整していた。

 

・重たい空気の中で笑わせてこそプロだろ

・言い方はどうあれ指摘は正確なのだから真摯に受け止めるべき

それは漫才師側の心構えであって、審査員が伝え方を考えなくていい理由にはならない。

 

視聴者や客に尻尾ふって漫才師を甘やかせと言うのか

厳しい指摘を出すことと場の空気を変にしないことは両立可能

しろそれが審査員の腕の見せ所では?

 

・あの程度で場の空気が変になる方がおかしい、メンタル弱すぎ

あなたが強いのよ。

 

・伝え方が悪かったら内容が適切でもNGという方がおかし

逆。せっかく内容が適切なのに伝え方に問題があったらもったいないと言っている。

誰も内容を否定していない。

 

・他にも空気を悪くする審査はい

じゃあその人たちについても同じ主張をします。

 

・昔はもっとキツかった。やっさんvsダウンタウン知らないの?

そういう時代もあったんですね。

 

Twitter見ろ。ちゃんと若手のことを考えているぞ→https://twitter.com/shiraku666/status/1070233712640458753

この優しいツイートだってM-1の時と同じ調子で言われたらやっぱりウッとなるでしょ。

 

芸を生業にする人にとって「場の空気」は重要もの志らく師匠がそれを知らないはずはない。

からこそ点数と一致しないコメントを出したり、誰かを意識したような態度を取ったり、

そういうことはしてほしくなかった。

  • anond:20181206015505

    立川志らくさんのことはTBSのひるおび!というお昼の番組のコメンテーターとしてしか知らないけど あの人がコメントをするとなんかちょっと場の空気が奇妙になるんだよね 一緒に出て...

  • anond:20181206015505

    特に伝え方が悪いとも思わなかったので何とも 解説が殊更に視聴者目線である必要も無いので

  • anond:20181206015505

    落語家として外側の意見を言うのが仕事だったんだし、そういう意味ではそれを完璧にこなしてたでしょ。 談志の時の一人ピリピリした意見を出すのと同じで、あの枠が空気なんか読ん...

  • anond:20181206015505

    適切さで言ったら上沼が最悪で、それにくらべたら他全員まともだったろ

    • anond:20181207085223

      上沼も適切だったぞ。 志らくも上沼もああいうキャラを買われて審査員に呼ばれているんだから審査が適切なら態度も適切。

      • anond:20181207092608

        上沼のみ不適切 たとえ笑いの為のポーズであったとしても審査の場に「贔屓」を持ち出してはならない しかも主役である演者への影響を差し置いて自分がコメントで笑いを取る事を優先...

        • anond:20181207111518

          そもそもM-1は「審査員との掛け合いによる笑い」も番組の構成要素なので・・・

          • anond:20181207111655

            お前がそう思ってるだけ

            • anond:20181207114452

              ネタ見せと淡々とした評価だけやったら半分の時間で終わってまうで? あれだけの規模の番組やと放送時間長く取らんと赤字なんや

        • anond:20181207111518

          「贔屓」というのが「そいつらの漫才が好き」という意味ならむしろ審査に持ち出すべきだし、 「漫才ではなくそいつらが好き」という意味なら上沼はむしろ審査から切り離してるだろ...

          • anond:20181207112241

            贔屓と評価は分けるべきだと考えるのでどの様な文脈であれ贔屓を俎上にあげるのは間違いだと思っている

            • anond:20181207115017

              コテコテのしゃべくり漫才を評価する人は コテコテのしゃべくり漫才をするコンビを「贔屓してる」ことになるし それをやめろというなら審査員なんか要らん。 客席にマイクを置いて...

              • anond:20181207115302

                客は好き嫌いで判断すれば宜しい 審査は良し悪しでなければ成立しない

                • anond:20181207123430

                  審査員のなかにお笑いとはこうあるべしという規範があるから良し悪しを審査できるんだぞ。

              • anond:20181207115302

                コテコテのしゃべくり漫才をバックボーンに持つ審査員に求められるのはコテコテのしゃべくり漫才に対するレベルの高い審査だよ。

                • anond:20181207124411

                  レベルの高い審査とは具体的にどういうもの?

                  • anond:20181207125217

                    採点基準と項目ごとの配点が明文化されている

                    • anond:20181207125403

                      それはもう審査員個々人に任せることじゃないし それをやりたいなら「漫才」とは別の「競技漫才」を作るしかないよ

                  • anond:20181207125217

                    技術なり歴史なり高みに登った人間にしか分析出来ない何かがあるんちゃうか 素人には知る由もないがな

  • anond:20181206015505

    立川志らく師匠については、あの似合っていない丸眼鏡を見るといつも笑っちゃうんだよね。 話している内容はシリアスな内容だと、そのギャップから余計に笑う。 志楽師匠もそうなん...

  • anond:20181206015505

    そういうみんながゲラゲラ楽しめる大会にしようとしたのがTHE MANZAIでしょ それだけが失敗の原因だったとは言わないが

  • それ志らくの責任じゃなくね?

    空気を壊すなぁ!とかキレてるバカがいるけど、 観客とメタ的批評を求められる審査員を同じ空間にぶちこんでまぁどうにかなるだろってノリで作ってるアホを殴るならまだしも… https:...

  • anond:20181206015505

    立川談志のマネをしようとしてるから変な空気になるんでしょ

  • 戦犯あげるなら、志らくよりもユニバースの川瀬だろ

    ガチギレ気味にお客さんに対して「笑ってくれる!?」 アレで一気に空気が悪くなったわ そもそも、志らく以前に人生かけてるとか言われる方が笑えなくなるっつの https://anond.hatelabo.jp/...

  • anond:20181206015505

    そんなヘラヘラした大会で一位取られても権威もクソもなくない?もうおもしろ荘だけでいいよそれじゃあ。

    • anond:20181207160727

      海外の辛口コメンテーターは称賛してそうだよな(偏見)

  • anond:20181206015505

    料理の鉄人は、審査員コメントも込みでエンタメだった気がする

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん