2018-11-16

anond:20181116004730

その「みんな」あるいは「私の周りの"人間"」の中には「私を人間扱いしてくれない何者か」は入っていないんだよね。

「私の周りの"人間"」から除外されている人間がいるわけだよね。敵としてすら認識されていない。障害物的な何かだ。

「生きているだけで私を人間として尊重してくれない誰か」は、私の周りの「人間」ではないんだよ。「人間」ではないわけ。つまりさ…わかるかな。

この増田自身

生きているだけで尊重しあう

ことはない。

自分尊重されたと感じて初めてその相手人間だと感じる。自分尊重することが「人間」としての条件なわけだね。

よりうがった見方をすれば、自分尊重していると自分に伝えられるほどのコミュ力品格、家柄その他社会的ステータスもろもろを相手を「人間」として扱うための条件に暗に含めているのだよね。

そもそも人間であることのハードルメチャクチャに高いのさ。だから生きているだけで尊重とか寝言を言っていられる。

増田が言いたいのは、生きているだけでは人間ではないってことさ。図らずも証明してしまったよね。

  • anond:20181116010059

    そんな人がいない、とは言っていません。嫌いな人も居ます。とはいえ、人として扱われていないと感じたことはないです。 あなたたちにうらやましく思ってほしかったので。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん