2018-11-03

中国語出版され、英語でも日本語でも出版されていない技術書の話

Altium Designerという電子部品の基板を作成するツールがある。

業界ではそれなりの知名度なのだが、日本では代理店撤退ライセンスが高額なこともあり、個人趣味で使う値段ではないため、書籍が1つもない。

日本語がないなら洋書なら、と思うのだが、これが不思議なことに1冊も見つからない。


じゃあ中国語ならと中国Amazon検索をかけると100件を超えており、2018年については毎月1冊のペースで出版されているようだ。



洋書から日本語への翻訳については、事例はたくさんあるのだが、中国語から日本語への翻訳というのは受け入れられるのだろうか。

iPhoneの修理するための本ですら、国内で表立って販売されていない。

つの間にか中国にも技術が追い抜かされていると感じている人は出てきていると思うが、技術書の豊富さでも中国に負けるのはもうすぐではないだろうか。

  • それはお前みたいにただ嘆いているだけで行動しない奴のせいだけどね ぐちぐち言ってないで翻訳して販売しろ

  • 中国は技術書も豊富だよねえ 俺も読めないけど

  • 中国語の勉強は発音とか不要。 漢字の文章を見て、読み書きだけでもできれば十分。 Google翻訳も併用すればバッチリだね?   中国語で出版され、英語でも日本語でも出版されていな...

  • ハードウェア周りはそうかもしれん。そもそも有利な場所だしな。 ソフトウェアも抜かれている感ある。 結局、アメリカとIT産業保護した中国が残った。

  • 悲しいことだけどそういう勢いとかで中国に負けてるのは認めるしかない。日本には活気がない

    • 2005年くらいから徐々に経済はゼロサム富の創出は無いって観念が定着して失速が深まった印象がある 誰もが富を作り出すことに非常にネガティブになってる

      • 経済はゼロサム こんなんどこぞの掲示板orその亜流に住んでる人らしか言わんだろ

        • 嫌儲思想は十年前には一部の幼い2chねらーの発想だったけどいまは膾炙してる感がある

  • 技術書に限らず、出版は人口ボーナスが効くからね。

    • iPhone回路本とかは中国人しか扱わないから中国語版以外不要だしな……最近はコピー基板とかもあるって聞くしいま主戦場は大陸なんだよな

  • なんでスペース増田は間違ったことをわざと言うんだろう

    • スペース増田 というのは このように スペースを空けて 投稿することで 元増田のスタイルとは 異なりますし さらに言うなら 思想からして 団塊保守オヤジと いった感じ...

    • 言及するなら短文でいいから間違ってる部分指摘すれば? 俺は門外漢だし、アマゾンでやってみた結果、UKでも中文版とかロシア語版とか出てきたから そうなのかと納得しちゃったけど

      • あー返信できないようにトラバ消されてるから元増田にぶら下げるしかなくて 元増田は間違ってないと思う、すまん

    • スペース増田じゃなくてスペース先生な

  • 個人の趣味で使わないのになぜ書籍がでるんだろ・・・

  • 昔日本は中国語を翻訳せずにそのまま「書き下し文」にするとかやってたし、 なんかなんとなく中国語の本を「翻訳すべき外国の本」って認識できないんじゃないかって思えてきた だか...

  • Altium Designer はどうかわからないけど、 結局のところ、売れる見込みが立たなければ翻訳もされないんじゃないかな。 「"Altium Designer" site:baike.baidu.com」とかでぐぐると大量の書籍紹介が...

  • 出版業界が斜陽産業になり、儲からない専門書が真っ先に削られているからでは。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん