2018-10-22

プリキュアショーツが白いのは、パンツの設定がないか

今北産業なので、今さら書くのを許して欲しい。

変身前のプリキュアの白いショーツ性的からしからんという意見を読んだ。

わざわざ覗いて、ショーツが白いの何のと大騒ぎをする男子中学生マインドには恐れ入るが、だからといって、このキャラクターショーツの設定を決めるのは間違っていると思う。

変身後のプリキュアは、基本的にはアクションシーンで下着が見えることはない。

おおよそはスパッツパニエ下着(というかショーツ)が見えない設定になっているし、下着が見えるようなアングルで描かれることもない。

では変身前はどうかというと、これも、スカートがめくれて下着が見えるようなシーンはない。

ずっこけようとすっ転ぼうと、下着が見えてしまう描かれ方はしない。

これは15年間徹底している「お約束なのだろう。

描かないのだから、設定すら必要ないことになる。

だが、玩具として着せ替えやフィギュアになったときに、「下着は着ていません」ということは有り得ない。

そこで、デフォルトとして「白、あるいはキャラクターイメージカラーの単色の下着」を取り敢えず着せておく。

500円くらいで売っているグンゼの白いショーツだと考えるのが一番イメージやすいだろう。

フィギュアは一つ一つ手塗りだろうから、一律に白いショーツにしてしまうのが一番簡単で良い。

今どき、白いショーツ自体が珍しいアイテムなのは言うまでもないのだが、下手な設定を付け加えるよりはフェティシズムを刺激しない(無論、そういうフェティシズムを持つ人もいるだろう。しかし万人が納得するものなどこの世にはないのだ)点で選ばれるのは「白かピンク」であろうし「プリキュアちゃんパンツ穿いてるよ」というわかりやす記号でもある。

白いシンプルショーツは、むしろ性的記号を排した結果」であろう。

どんな下着を着せようと着せまいと、性的に興奮する人の存在はなくせない。それをなくせという方が無謀だ。

ただ、大きいお友だちは、もう少し節度を持ったレビューを心がけるくらいの気遣いは、あって良いとは思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん