2018-10-09

心理学における査読論文価値と現状の問題

ブコメにフォーマットに沿ってほしいという要望があったので、文意を変えないようにフォーマットに合わせてました。また、ですます調に変えました。最初のバージョンも末尾に残しておきます(10/11 12:39)。

https://anond.hatelabo.jp/20181010122823の流れに乗って、心理学について書いてみます。

はじめに

心理学は大きく分けて以下の2つに大別されます。

  • 基礎心理学(知覚・学習・認知・パーソナリティ・社会など)
  • 応用心理学(臨床・教育・健康など)

これから書くことは概ね、すべての心理学に当てはまると思いますが、臨床心理学はやや特殊なので割愛します。

また、私見に満ちている文章なので心理学者からも異論反論あると思います。なお、筆者は一応、基礎系心理学の博士号を持っています。

論文事情

はじめに

心理学は日本語論文も英語論文も書きますが,結論から述べると、論文については概ね以下のような扱いです。

査読付き英語論文>>>>査読付日本語論文>>査読なし日本語論文(いわゆる紀要;査読有り紀要も含む)

さらに、査読付き英語論文においても以下のような差があると思います。

APA系や伝統的な雑誌(JPSPとかJEPとか) >それ以外のIF2以上の雑誌 > IF1以上の雑誌 >= オープンアクセス誌(FrontiersとかPlosOneとか)>> 怪しい雑誌(Predatory Journal疑惑があるもの)

日本語論文について

基本的には査読付英語論文がもっとも価値があり,ついで、査読付の日本語論文となり、査読なし日本語論文は一番扱いが低いです。

その背景として、心理学は(一応は)実証科学であるため、査読という第三者の視点から見て了解できる議論・データを示すことが求められているからだと思います。

特に理論的寄与と方法的妥当性については重視しており,それを専門家の第三者が審査することが大事だからでしょう。

そのため、査読なし日本語論文の多くは査読で落とされた論文であることが多いです。

実際に査読をする中でも、掲載できない論文(リジェクト判定)に対しては「掲載はできませんが、紀要などへの掲載の参考に以下のようにコメントいたします」という趣旨のコメントを書く場合があります。

したがって、査読なし日本語論文というのは(言い方は悪いが)質としては落ちるものが多く、石が多い玉石混交だと言えます。

紀要論文を卒論の参考にして行い、元論文がイマイチなので色々な面で苦労するというのはよくある悲劇の1つです。

日本語論文と英語論文

また、日本語論文と英語論文の差についてですが、心理学は元々のはじまりがドイツであり欧米諸国で発展した学問です。

そのため、重要な理論の大半は海外の研究者によって提唱されています。したがって、日本語論文を書く場合でも半分以上は英語論文を引用して書かれることとなります。

また、規模としては海外の方が大きいので英語論文にすれば海外の心理学者にも知見が伝わるため、心理学全体への貢献度も高いと判断されます。

そして、英語論文で書く場合には引用してる研究者(場合によっては理論の提唱者)が査読をする場合もあるため、論文の質が高くなければ掲載に至らない可能性もあります(レベルが高い雑誌に限る)。

英語論文の詳細

英語論文でも雑誌のカラーがあり、一般誌と専門誌に分かれています。一般誌は心理学全般について載せる雑誌でジャンル不問です。

専門誌は特定の分野(認知心理学メインなど)や特定のテーマ(学習メイン、感情メインなど)について載せる雑誌です。

一般誌の方が広い読者層を対象としているため、多くの心理学者が読む価値のあるインパクトのある論文が載る傾向にあります。

専門誌は専門誌で、その分野に関する深い議論や分野に特化した重要な知見が載る傾向にあります。IFは前者の方が高いです。

ちなみに、意外かもしれませんが、心理学でもNatureやScienceに論文が掲載されることもあります。非常に難しいため、普通は出そうとも考えませんが…。

IFについては2を越えれば十分に良い雑誌であり、1を越えていれば問題はないと判断されます。

0.5以下になってくると後述する点も関連しますが大丈夫かな?と思います。

まとめると、怪しい査読付英語論文よりも査読付日本語論文の方がよいという印象です。

英語論文における問題

このように、英語論文は日本語論文よりも重きを置かれていますが、英語論文に限っては最近はオープンアクセス誌とPredatory Journalが問題となっています。

オープンアクセス誌というのは、お金を払って論文を載せてもらう代わりに全世界に無料で公開されるという雑誌です(普通の雑誌は買わないと読めない)。

さらに、大抵のオープンアクセス誌はオンラインだけの雑誌です。そうなると、ほぼタダで論文をいくらでも掲載できるわけなので、掲載料稼ぎのために微妙な論文でも載せようとするというのは想像できるでしょう。

もちろん、何でもいいからと載せると雑誌の質が問われるのでそんなことはないと思います。ただ、最近は日本人はかなりオープンアクセス誌に載せる人がかなり多いです。

他の人はどうかはわからないが最初は自分の憧れの雑誌やいい雑誌に論文を投稿するのが多いはずなので、雑誌では掲載不可だった論文がオープンアクセス誌に載ることなりやすいはずです。その結果、玉石混交状態になっています。

元々、オープンアクセス誌は「方法などに問題がなければ掲載して、あとは読者判断に任せる」というスタンスなので、オープンアクセス誌の趣旨としては間違っていないと思います。

ただ、オープンアクセス誌への掲載が目的化しているのが問題です(その背景には英語論文>日本語論文という価値観がある)。

さらに、もっと深刻な問題なのはオープンアクセス誌の中でもマイナーなものにはPredatory Journalという詐欺雑誌が含まれていることです。

これはまさに掲載料を得るためだけにまともに査読をしないで掲載を決定するような雑誌です。Predatory JournalにはIFがついていないことが多い(ついていてもかなり低い)ので、あえてここに出そうという人は普通はいません。

ではなぜ日本人の論文がこのような雑誌に掲載されるのでしょうか?それは博士論文提出の要件に英語論文を求めている大学があるためであす。

どこでもいいので英語論文を載せたい人と掲載料が取れれば何でも載せたいPredatory JournalのWin-Winな関係のできあがりというわけです。

いまはまだ大きな問題にはなっていませんが、将来的にはPredatory Journalの情報が共有されていき大きな問題となるでしょう。憶測ですが、現在のPIの中に論文をPredatory Journalに載せてしまっていて他者を批判できない人がいるからかもしれません。

この問題は心理学に限らず、科学全体の問題として最近は注目されているので知ってる人も多いかもしれません。

個人的にも、学振目当てや博士号目当てとして知り合いの院生とかがクロ疑惑のある雑誌に掲載しているのをたまに見ると残念な気持ちになります。

一方で学振や学位に審査においてフェアでないのも良くないなと思うし、長い目で見ればこのような雑誌への掲載のしっぺ返しがくると思います。

業界事情

博士号は取るのが普通(になりつつある)

実は心理学は文学部に属していることが多く、昔は人文系のように博士号を取らずに就職するというのが当たり前で、博士号というは一生の仕事の集大成という形でした。

その一方で、近年は心理学が文学部以外(情報系など)にも属することが増え、分野全体として博士号を持つことが研究者の第一歩として必須になりつつあります。

そのため、最短ではDに入って3年で(かかっても5年で)博士号を取ることが一般的になってきています。

非常勤(アルバイトですね)をするためにも博士号が求められることも増えてきています。この流れのため、前述したPredatory Journalやオープンアクセス誌の問題が出てきているわけではありますが・・・。

臨床心理学だけは特殊

「はじめに」のところで臨床心理学は特殊と書きましたが、臨床心理学は精神分析に代表されるような派閥(力動論)と認知行動療法に代表されるような派閥があって、両者で考え方がかなり違います。ちなみに河合隼雄は分けるとすれば前者の方ですね。

筆者は臨床心理学の人間ではないので誰かに補足してほしいのですが、後者の認知行動療法系の人は査読付論文を重視していると思います。

臨床心理学では事例研究といって、1クライエント(精神的に不健康な人)の回復過程をまとめる論文が書かれる傾向にあるのですが、この事例研究の立ち位置が門外漢にはわからないのです。

個人的には、心理学においては客観的なエビデンスを蓄積が重要だと考えているので、事例研究には物語以上の価値はないのではと思いますが・・・。

再現性問題

ご存じの方も多いように心理学(というか社会科学全般?)に再現性問題がホットトピックになっています。社会心理学は3割しか再現できなかったという話もあります。

3割というのは、コイントスで裏がでる確率よりも悪いということですね(割合と確率を一緒にするなと怒られそうですが)。方法が厳密な知覚心理学,学習心理学,認知心理学などの実験系はもっと再現性は高いです。

社会心理学が足を引っ張っているのに、心理学全体の問題として話が大きくなっているのはなんだかぁという気もしています。

最近も社会心理学で人の目(イラストでも可)があると向社会行動(募金など)が促進されるという研究には再現性がないと原著者が認めて話題になりました(認めたことは良いことだと思います)。

再現性問題については心理学者で危機感を持っている人もいますが、知覚や認知という実験系の人はあまり気にしていません。気にしてないというよりは、方法が堅いので(社会心理ほど)現状はそこまで問題にならないからでしょう。

---最初のバージョン---

https://anond.hatelabo.jp/20181010122823の流れに乗って、先日心理学についても書いたので少し補足して再投稿してみる。

 最初に断っておくと私見に満ちている文章なので心理学者からも異論反論あると思う。最近、社会学での査読論文の扱いが話題になってるが、社会科学という同じ枠組みで近接領域の心理学についての事情を書いてみる。ただ、心理学といっても様々な下位領域があって、特に臨床心理学は独自文化があるので、主に基礎系と呼ばれる心理学について書く。基礎系に入るのは、認知心理学、社会心理学、学習心理学など。なお、筆者は一応、基礎系心理学の博士号を持っている。

 結論から述べると、論文については概ね以下のような扱いだと思う。

査読付き英語論文>>>>査読付日本語論文>>査読なし日本語論文(いわゆる紀要;査読有り紀要も含む)

 さらに、査読付き英語論文においても以下のような差があると思う。

APA系や伝統的な雑誌(JPSPとかJEPとか) >それ以外のIF2以上の雑誌 > IF1以上の雑誌 >= オープンアクセス誌(FrontiersとかPlosOneとか)>> 怪しい雑誌(Predatory Journal疑惑があるもの)

注:心理学ではIFが2以上あれば2流以上の雑誌(それらの雑誌の掲載は他人に貶められることはまずなく褒められることが多い)。


○説明

 まずは、最初に書いた日本語論文における査読の有無の差について書く。基本的には査読付英語論文がもっとも価値がある。ついで、査読付の日本語論文となり、査読なし日本語論文は一番扱いが低い。その背景として、心理学は(一応は)実証科学であるため、査読という第三者の視点から見て了解できる議論・データを示すことが求められているからだと思う。そのため、査読なし日本語論文の多くは査読で落とされた論文であることが多い。実際に査読をする中でも、掲載できない論文(リジェクト判定)に対しては「掲載はできませんが、紀要などへの掲載の参考に以下のようにコメントいたします」という趣旨のコメントを書く場合がある。したがって、査読なし日本語論文というのは(言い方は悪いが)質としては落ちるものが多く、石が多い玉石混交だと言える。紀要論文を卒論の参考にして元がイマイチなので色々な面で苦労するというのはよくある悲劇の1つだ。

 また、日本語論文と英語論文の差についてだが、心理学は元々のはじまりがドイツであり欧米諸国で発展した学問である。そのため、重要な理論の大半は海外の研究者によって提唱されている。したがって、日本語論文を書く場合でも半分以上は英語論文を引用して書かれることとなる。また、規模としては海外の方が大きいので英語論文にすれば海外の心理学者にも知見が伝わるため、心理学全体への貢献度も高いと判断される。そして、英語論文で書く場合には引用してる研究者(場合によっては理論の提唱者)が査読をする場合もあるため、論文の質が高くなければ掲載に至らない可能性もある(レベルが高い雑誌に限る)。

英語論文でも雑誌のカラーがあり、一般誌と専門誌に分かれている。一般誌は心理学全般について載せる雑誌でジャンル不問である。専門誌は特定の分野(認知心理学メインなど)や特定のテーマ(学習メイン、感情メインなど)について載せる雑誌である。一般誌の方が広い読者層を対象としているため、多くの心理学者が読む価値のあるインパクトのある論文が載る傾向にある。専門誌は専門誌で、その分野に関する深い議論や分野に特化した重要な知見が載る傾向にある。IFは前者の方が高い。ちなみに、意外かもしれないが、心理学でもNatureやScienceに論文が掲載されることもある。非常に難しいため、普通は出そうとも考えないが…。

 このように、英語論文は日本語論文よりも重きを置かれているのだが、英語論文に限っては最近はオープンアクセス誌とPredatory Journalが問題となっている。オープンアクセス誌というのは、お金を払って論文を載せてもらう代わりに全世界に無料で公開されるという雑誌だ(普通の雑誌は買わないと読めない)。さらに、大抵のオープンアクセス誌はオンラインだけの雑誌である。そうなると、ほぼタダで論文をいくらでも掲載できるわけなので、掲載料稼ぎのために微妙な論文でも載せようとするというのは想像できるだろう。もちろん、何でもいいからと載せると雑誌の質が問われるのでそんなことはないと思う。ただ、最近は日本人はかなりオープンアクセス誌に載せる人がかなり多い。他の人はどうかはわからないが最初は自分の憧れの雑誌やいい雑誌に論文を投稿するのが多いはずなので、雑誌では掲載不可だった論文がオープンアクセス誌に載ることなりやすい。結果として玉石混交状態になっている。元々、オープンアクセス誌は「方法などに問題がなければ掲載して、あとは読者判断に任せる」というスタンスなので、オープンアクセス誌の趣旨としては間違っていない。ただ、オープンアクセス誌への掲載が目的化しているのが問題だろう(その背景には英語論文>日本語論文という価値観がある)。

 さらに、もっと深刻な問題なのはオープンアクセス誌の中でもマイナーなものにはPredatory Journalという詐欺雑誌が含まれていることだ。これはまさに掲載料を得るためだけにまともに査読をしないで掲載を決定するような雑誌である。Predatory JournalにはIFがついていないことが多い(ついていてもかなり低い)ので、あえてここに出そうという人は普通はいない。ではなぜ日本語論文がこのような雑誌に掲載されるのだろうか?それは博士論文提出の要件に英語論文を求めている大学があるためである。どこでもいいので英語論文を載せたい人と掲載料が取れれば何でも載せたいPredatory JournalのWin-Winな関係のできあがりである。いまはまだ大きな問題にはなっていないが、将来的にはPredatory Journalの情報が共有されていき大きな問題となるだろう(憶測だが、現在のPIの中に論文をPredatory Journalに載せてしまっていて他者を批判できない人がいるからだろう)。この問題は心理学に限らず、科学全体の問題として最近は注目されているので知ってる人も多いかもしれない。個人的にも、学振目当てや博士号目当てとして知り合いの院生とかがクロ疑惑のある雑誌に掲載しているのをたまに見ると残念な気持ちになる。一方で学振や学位に審査においてフェアでないのも良くないなと思うし、長い目で見ればこのような雑誌への掲載のしっぺ返しがくると思う。

記事への反応 -
  • 物理科 素粒子分野の業績事情

    人文系の文献の取り扱いとか業績についてちょっとだけ - dlitの殴り書き こちらの記事に賛同したので続いてみます。 確かに異分野の事情をお互いにわかっていたほうがみんな幸せにな...

    • 心理学における査読論文の価値と現状の問題

      https://anond.hatelabo.jp/20181010122823の流れに乗って、先日心理学についても書いたので少し補足して再投稿してみる。  最初に断っておくと私見に満ちている文章なので心理学者からも異論...

      • anond:20181009215657

        ちょっと待ってください。 Predatory Journalは、本当に詐欺雑誌でしょうか? 詐欺罪は、 刑法246条 1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。 2.前項の方法により、...

      • https://anond.hatelabo.jp/20181011091532

        心理学の研究結果、6割以上が再現不可能 検証調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News https://anond.hatelabo.jp/20181009215657

      • 日本の臨床心理学における査読論文の価値

        anond:20181009215657 心理学について書こうと思ったら、お一人書いてくださった方がいたので、そこで「特殊」とされていた臨床心理学について書きます。 臨床心理学系の大学院で博士号...

        • anond:20181011184334

          ▼エビデンス 実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃんと効果が確認されるようになってきたたことです。 それこそ、そのエビデン...

      • anond:20181009215657

        経済学もこんな感じですね.

      • anond:20181009215657

        一言でまとめると日本語で高等教育が受けられるのはメリット厨はうそつきだってこと

    • anond:20181010122823

      ちゃんと勉強しなかったんで、対称性からノンゼロな形状因子導くことすらできない。群論をやりなおしたい

    • anond:20181010183113

      ただ今集中砲火浴びてるジェンダー論や法学(右側の政治的な理由も相まってるのが気持ち悪いし、理系の偏見で査読英語言うのは周りにも飛び火しそうで迷惑だってのは理解したが)...

      • anond:20181010203532

        そびえ立つゴミの山を築けば素人はビビって言うこと聞いてくれるだろって調子なわけねなるほど

      • anond:20181010203532

        言ってることはわかるんだけど、公的な資金援助を受ける以上、受ける側が透明性や有用性をアピールする必要があって、無関係の納税者に「お前らもっと勉強しろ」っていうのは、相...

        • anond:20181010204115

          120%同意しかない。げにその通り。 素人勉強しろといきってるのが文系、理系は金がかかるだけになんとか理解してもらおうとプレスリリースや教育に必死である。はやぶさ2号とか涙ぐ...

      • anond:20181010203532

        腹話術長すぎw

      • anond:20181010203532

        (cf. http://synodos.jp/society/19195) 北村紗衣、こいつWezzyなんぞに投稿してるカルト宗教家じゃん

        • anond:20181010205508

          その人はてなの有名人だぞ

        • anond:20181010205508

          知識も能力も全くかなわないしそれを自覚しているけどフェミニストに対して呪詛だけは吐きたい卑劣で哀れな豚の糞とそれに☆をつけるクソバエどもが哀れw http://b.hatena.ne.jp/entry/b....

      • anond:20181010203532

        社会学は他の学問と比べても分野内の差異が大きすぎるんだよなぁ。 ゲーム理論を援用して数理モデルを構築する者、RやPythonを使って統計モデリングを行う者、 教区簿冊や宗門人別改...

      • anond:20181010203532

        人文学と社会科学か。社会科学のほうが科学なのに怪しさが入り込む余地がある気がしてしまうのも奇妙だが、哲学とかだと論理的な議論はあっても「正しさ」を決めることはできない...

        • anond:20181011040543

          理系でも教授の贔屓やコネはないわけじゃないけど論文数(あるいは引用数)で無能認定する仕組みは馬鹿の排除には有効なんだよ(捏造の動機にもなるけど)。 論文数で無能認定は...

        • anond:20181011040543

          ぶっちゃけ話をすると,私はこれまで「別に査読はなくてもいいだろ」という話を延々としてきたのだが,ブコメやらtwitterやらで文系擁護派の一部の人が「人文系の学問は査読になじま...

          • anond:20181011090428

            文系に査読があるかないかなんて外の世界の人間にはぶっちゃけどうでもいいので むやみに外の世界に殴り込みをかけてこないでくれ 無茶な殴り込みをかけようとしてるやつはちゃんと...

            • anond:20181011091619

              武田邦彦と近藤誠と菊池誠を黙らせてくれればフェミ学者を自浄することも検討しますのでどうぞよろしくお願いします.

              • anond:20181011093225

                知らねーよ俺は別に理系の学会と関係ないし

              • anond:20181011093225

                武田邦彦と近藤誠と菊池誠が好き放題やってるうちはフェミも頭のおかしいラディもキチも放置しますのでよろしくという宣言ですねわかりました

              • https://anond.hatelabo.jp/20181011093225

                「じゃあ俺が菊池誠を○るわ」 「俺もやるぜ、菊池はパブリックエネミーだからな!」 「俺も俺も」 「…あの、他は?」 「ど う で も い い(キリッ」 「ニセ科学批判クラスタ()で勝...

                • anond:20181011180113

                  なんか「バンドメンバー募集、当方ボーカル」みたいだなw

              • anond:20181011093225

                自浄しなくていいので叩いてどうぞ

              • anond:20181011093225

                まあその辺もアレだけど、もっと問題なのは「科学ブーム」ってやつな 原発なんかも含まれるが、政治的ブームに乗っかって莫大な国費を費やしてるのは文型よりも理系なんだわな https:...

      • anond:20181010203532

        今に至るまで因習を是正できなかったダメ学問である証言を長々とありがとう 学問の国際標準化とやらをこちらに散々強制しておいて自分のところは安全圏でのほほんとだらけてたとい...

        • anond:20181011101909

          でもお前ワナビーのニートじゃん

          • anond:20181011102517

            ニートとワナビーは相反する概念だろ。ニートとワナビーを包括したいのなら「浮浪者」とかそういう概念を当て嵌めよ。

            • anond:20181011102624

              ニートしながらワナビーやってる人間なんていっぱいいるだろ。なろうとかに

          • anond:20181011102517

            自己投影お疲れ様です 就業支援はハロワだけではなく、各自治体でも行っていますのでご相談ください

      • anond:20181010203532

        ふむ、評価の手法も多様性があり、画一的な評価方法は却って学問の自由を阻害するというのはわかった。 で、あの千田とかいう頭のおかしいヤツが社会学者ヅラして教授でござい、...

      • anond:20181010203532

        はぁ?????? 俺はさんざん怒ってきたよ!!!!!! コミケだって夏冬3日間ずつ参加しとるわ!!!!!! 味方を撃ってんじゃねえって言ってんだよ!!!!!! 増田で...

      • anond:20181010203532

        色々と勉強になったし、分野ごとに評価の基準も様々ある事情や理由もわかった。 ただ、やはり理系の学問でよくあるように仲間内での評価と論文誌ベースでの評価の両建てとなるよう...

      • anond:20181010203532

        この説明を読んで文系は論文の正確性が担保されていない、信頼性が低いとか言ってるのは何を考えているのだろう。 例えば学士助手は、「学内でみっちり審査する」ことで正確性や信...

      • anond:20181010203532

        法学:ほぼ実務に即するので、最高裁判決を頂点にある程度の客観性は担保されてる。ただ、憲法学は宗教論争化しており、政治学側からの批判が多い。海外の考え方を持ち込む意欲は...

        • anond:20181011145015

          追試ができないことが問題っていうけど じゃあさ仮にAIや計算科学の発展で社会をシミュレーションすることができるようになって追試が可能になったとして このあいだの40代独身が日...

          • anond:20181011150429

            横からだけど 「40代独身が日本を滅ぼす」って話そのものが「40代独身率と日本のヤバい度がリンクしてる」って程度の知見だろ 仮にこのアイデアが超絶有能AIによって再現性が認められ...

          • anond:20181011150429

            その指摘はもっともで、統計学的なデータ分析偏重が批判されるポイントでもある。 ソシャゲのガチャ(ギャンブル全般)を見て「多少のハズレ(不幸)があったほうが、幸福度の総力...

        • anond:20181011145015

          逆に日本の考え方を海外に発信しようという気概はほぼない 途上国において未整備の法律を立法する際に日本の法律を参考にする、みたいなことはあって(例えばこの間台湾著作権法...

      • anond:20181010203532

        肝心の千田が教授として不適格かつその不適格性を見抜けてない社会学の査読その他の評価体制に係る妥当性について完全に無視を決め込む詭弁の集大成、 と思ったのだがブクマの反応...

      • 単に素朴な疑問に答えてるだけならこんなに疲れねえよ

        Dragoonriders まあ、こうして知見が溜まるのは、素朴な疑問って大事だよな、と言っておく。疲れると思うが存分に書いていただきたい。 単に文系アカデミアでのキャリアパスを聞かれ...

      • anond:20181010203532

        博士課程単位取得退学 理系にも博士課程単位取得退学はいますよ。東京大学だと、博士課程に進学して、授業の単位を一コマ分取ればこの肩書を得られます

    • 情報工学 CG分野の業績事情

      http://dlit.hatenablog.com/entry/2018/10/10/080521 https://anond.hatelabo.jp/20181010122823 私もこの流れに賛同したので続きます。私は博士課程の学生なので、多少間違いがあるかもしれませんが、大筋は合...

      • anond:20181011010934

        近年、注目を浴びているのは、深層学習と組み合わせることで、ラフな線画をプロが書いた様な鮮明な線画に自動的に置き換えたり、また無彩色の画像に彩色する様な研究です。 どう...

      • anond:20181011010934

        良いまとめだと思う。ただレンダリングがスタープレーヤーかって言うと、うーんって感じになる。アニメーションの研究は結果が一発でよく分かるのに対して、レンダリングは主流に...

    • anond:20181010122823

      今回の騒動では、こういうアカデミアの理性的な人達によるローカルな研究事情が沢山読めたので 火の粉を払うために無駄な労力を使わせて申し訳ない、と感じながらも有難く思ってい...

    • anond:20181010122823

      どうでもよいことなのですが、「情報系では」は主語ではありません。ただ、主題ではあるかもしれませんね by 情報系の自然言語処理の博士号取得者。

    • anond:20181010122823

      「素粒子論では査読が重視されていない」というのは Empirical Science である Physics の一分野であるにもかかわらず Empirical な Evidence と結びつくのは査読のだいぶ後で、査読でチェックされ...

    • anond:20181010122823

      周りに現象論の人が多かったですが、修論で教員メインの論文に少し関わって共著で一本、博士課程の間に同じ感じでもう一、二本出しつつ博士論文までに自力のものを一つ出す、くら...

    • anond:20181010122823

      分野名として使うときのLatticeは、ほぼ計算機シミュレーションのことを指すことは触れておいたほうがいいかも。 計算機とは関係なく場の理論の格子離散化を研究している人はいますが...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん