2018-09-30

anond:20180930181805

もともとあったのが西洋との交流で目覚めたみたいな感じだと思う

信長時代ってキリスト教思想が本格的に入ってきた時代だったし

室町幕府観応の擾乱応仁の乱最初からごたごたで締め付けが緩かったし地方自治概念も強かった

江戸時代以前の日本人が上や中央を信用していたとは思えない

記事への反応 -
  • 昔から言われているけど、やっぱそうなんだなぁ〜

    • 環境を変化させようとすると周りからすごいバッシングが来るんだよ 日本でフリーランスやベンチャーが少ない理由ってまさにそれ

      • それは重々承知でござる。 なぜそう言う風土なのか。そう言う風土の中でどうやって環境を変化させられるかに、興味があるのでござる。

        • >なぜそう言う風土なのか 徳川幕府の朱子学の影響を引きずっているから 戦国時代の下剋上の時にあった環境を変える能力を徹底的に削いで徳川に逆らえないようにした 明治になって...

          • 儒教系の道徳がかなり精神を拘束しているのは同感だ。 親孝行と金を稼ぐこと(資本主義競争へGo)が強く結びついているところなど、かなりタチが悪いと思う。   戦国時代の下剋上...

            • もともとあったのが西洋との交流で目覚めたみたいな感じだと思う 信長の時代ってキリスト教の思想が本格的に入ってきた時代だったし 室町幕府は観応の擾乱や応仁の乱で最初からごた...

              • うーむ、なるほど。 そこら辺の時代のことは、一度考えても良いかもしれん。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん