2018-09-29

anond:20180929231701

結局どこに打てばいいのか。囲碁の考え方#2

囲碁経済も似ています。というか囲碁は世相を表しているのでしょうか。

囲碁の戦いと現実に起きる戦いは、先程のブルーオーシャン戦略もそうですが共通点が多いです。

実利と厚み

囲碁には実利と厚みという概念があります

https://gyazo.com/eef56d3f582b07e5709f1fa6fca11332

これは星へ、ケイマにカカッた(星から位置関係将棋桂馬っぽい位置妨害をかけた)白2を黒3と一間に挟んだ時の定石です。

この定石では実利と厚みがきれいに分かれるのでこの図を例としましょう。

この図では白が実利を手に入れ、黒は厚みを手に入れています

「厚み」とは、弱みがなく将来的にその力を発揮しそうな強い石群のことです。

実利

実利は確定地。いわばゲンナマです。

将来よりも今、今お金を手に入れたい人が選ぶのがゲンナマです。

囲碁は陣地を競うゲームですので、序盤とはいえゲンナマ(確定地)を手に入れて置くことは大きな強みとなるでしょう。

厚み

一方、厚みは将来への設備投資です。

現段階では、厚みは開放されている部分が多く確定した地にはなっていません。

厚みが狙っているのは、将来の利益なのです。

厚みはキズのないその強さを生かして、多方面へ影響力を及ぼして将来的な利益を得ることができます

相手に地を与えて設備投資をして、将来の利益を狙うのと一緒です。

ただ厚みは投資なので、実際に利益を生んでくれるかはその運用次第です。

実利さんと厚みくんのイメージ https://gyazo.com/d87fb03c07ff72b251cac7addd301d39

このように囲碁には現金主義の実利と、将来への投資である厚みという概念があります

実利と厚みは相反するもので、互角な戦いでどちらも一緒に得ることはできません。

実利を手に入れれば厚みを作られ、厚みを作れば実利を与えてしまます

その時々によってどちらを取るかは変わりますが、覚えておくと囲碁戦略が少し理解できるようになるかと思います

実利と厚みの戦略囲碁面白さ、醍醐味と言えます












最終回https://anond.hatelabo.jp/20180930000208

記事への反応 -
  • 結局どこに打てばいいのか。囲碁の考え方#1 さて、ここからが本題。囲碁の醍醐味というべきかもしれません。 囲碁は価値の高いところから打つゲームです。 つまらない地点を争っ...

  • 囲碁と投資を絡めて本書いたら売れると思うぞ。元増田は覚えておいてくれ。 売れたら俺にサインくれ。

  • 結局どこに打てばいいのか。囲碁の考え方#3 囲碁の戦いと現実に起きる戦いは、共通点が多いと申し上げました。 ひるがえせば、囲碁の考え方が現実に応用できることもあるのです。 ...

    • FAQ >手始めに、何路盤からやったらいいの? 広く普及してる9路がオススメですが、6路盤等でもいいと思います。 自分は9路から始めました。 囲碁をシンプルにした、純碁というもの...

  • いつも尻切れトンボで終わってしまうので、今回こそは最後まで解説する。 まず基本的なルールは本当に少ない。 1.黒が先手で黒白交互に打つ。 2.線と線の交点に打つ 3.石か...

    • 最低限覚えるべき布石とか定石を羅列してくれ

      • 布石 三連星 中国流 ミニ中国流 定石 ツケヒキ定石 ツケノビ定石 星への三々入り定石 この中でも特にマストなのが「星への三々入り定石」。これを知ってると知らないと...

    • 着手禁止点が抜けてない?

    • その説明だとあたかもパスしてもいいように書かれてるよね。 「交互に打つ」とあるけど、一回の手番に何個石をおいていいかもその文章からは同定できないよね。

      • パスしちゃダメなの?

        • パスしていいとは元記事には書いてないよね(元のルールの内容を問題にしてるわけじゃなく、その説明文章の稚拙を問題にしている)。 ルールの文章ってのは難しいものなんだよ。じ...

      • パスをするのは自由だよ。 アマの碁だと、片方が終局したと思ってパスをして、相手はまだ手があると理解していて手をつけていって逆転、なんてのは珍しくもない話。

    • 陣地の定義がよくわからない 端に並べていって一周したら全部自陣になっちゃうってことでいいの?

    • 石と盤面の隅っこで囲いを作って空きスペースが多かった方が勝ちなのか 石を取った数が多ければ勝ちだと思ってたわ

    • 囲碁はルールを覚えて、 https://www.cosumi.net/play.html の5や6でプレイしようとしても、直ぐに負けてしまって挫折するんだよね。 基本的な戦略・戦術が無いから、ちっちゃく二眼作る間に...

      • 布石や定石も書いてくれるみたいだから期待

      • コスミたんは小路盤ほど強いからな。 最初は下手くそ同士で囲碁クエストか、強い人に審判してもらって打つのがいいだろう。

      • anond:20180929195948 ・私が高校生時代の時に『ヒカルの碁』の漫画連載が始まり、瞬く間に空前の囲碁ブームが巻き起こった。 ・けど私はあまりヒカ碁には興味がなくてスルー。友達が毎...

        • 知的障害が必死で囲碁なんてやらなくていいよ

        • 将棋派としては、長女さんは将棋も続けてるのか囲碁一辺倒になったのか、どちらに脈がありそうかが気になる。

    • 大学の時におじいちゃん教授のやってる囲碁クラブに入ってたけど、理解出来ないまま卒業した 何が分からないって、「石の生き死に」 教授が、この石は死んでる、生きてる、これは取...

      • 時間的な前後(この後絶対こうなる)とか感覚的に理解できないから生きてる/死んでるが分からないのかなあすごく興味深いなああとか思ってしまった。俺が今酒飲んでるからか。

        • 最初はいいんだ。増田の画像の説明は当初受けた。石が少ないとまだ分かる でも盤面が進んでいくと、黒と白だらけになってどこが繋がっててどこが繋がってないか、直感的に理解出来...

    • 6番がわからんのやろなあって思うわ。どこまで行ったら終わりやねん?得がなくなるねん?陣地ってなんやねんってなるから躓くのでは。 ぷろぐらむてきにはちゅうごくるーるさいこー

    • 囲碁で躓くのは陣地の数え方が分からない→勝敗が分からないからです 陣地の数え方の簡単な方法を周知できれば囲碁人口は増えると思います 囲碁漫画で終局後、陣地の整理をするみた...

      • この手のゲームでは形勢が分からないか行動と形勢の変化が結びつかないと実力差が出るんだとしたら、まさに人間の形勢判断ができない形態をルールとしているんだろうな

    • 私が囲碁を学んだ過程を基に、どのようにして最低限囲碁を成り立たせれるレベルにまで向かうのかを書いてみたい。 囲碁はルールと実際の対局での手筋の間に、深くて暗い谷がある...

    • 私が囲碁を学んだ過程を基に、どのようにして最低限囲碁を成り立たせれるレベルにまで向かうのかを書いてみたい。 囲碁はルールと実際の対局での手筋の間に、深くて暗い谷がある...

    • 囲碁の人って、誰も彼も絶望的に説明が下手よね。 3~6のルールが分かりやすいと思ってる時点で、もう知的障害者レベル。

      • さぞ、分かりやすい説明してくれるんだろうなー

      • 声出して笑ってしまった

      • 3.石から出ている線をすべて塞ぐと取ることができる。取った石は終局後に返して相手の陣地を埋める。つまり相手の陣地が減る。 → 3.1 マス目の交点が石を置ける場所である。 3.2 石...

      • 実際に養護学校の自閉症クラスにプロ顔負けの碁打ちがいたりするのかもしれない 他人に全く説明することができないが、頭の中で数百手先まで計算されている世界

    • 囲碁は結局何手打ったところがおわりかがわからない。 これ以上打つと自分が負けそうとかで勝手に打つのを辞めたくなる。   http://q.hatena.ne.jp/1186116656

    • 「陣地の多い方が勝ち」 というのが初心者には分かりにくいんだろう。 陣地が多いってどういう事かから説明せんと。 陣地が多い=自分の石で囲ったスペースの目(※)の数が多いっ...

    • いや基本ルールは何度も勉強してるし理解もしてるんだよ でもオセロと違って基本ルーるさえ知ってればゲームが成立するレベルの簡単な遊びじゃないやろ囲碁って 単なる陣取りと対戦...

    • 将棋のルールは言語の文法のようなもので、あと語彙をすこし揃えればとりあえず会話になるのだが、 囲碁のルールは数学でいうところの公理系のようなもので、そっから定理を導出し...

  • 続き。 着手禁止点 着手禁止点とはその名の通り打てない場所。 囲碁は基本的にどこへ打ってもいいんだけど、打てない場所がある。 打った瞬間に盤上での存在が否定されている地...

  • 続き コウ コウとは特定の形によって起こる同形反復の無限取り合いを避けるルール。 コウは具体的には図のような形を指す。 https://gyazo.com/734bc9a46d078e4a971af9fbdad6fb3d この形になる...

    • 191手目で黒は相手の受けなかった地点へ2手続けて打った。 ここがわからない。「2手続けて打った」というのはどういうこと? 囲碁のルール上黒が連続で2回打つことも、同じ場所に2...

      • (189手目と)191手目で黒は相手の(黒の手に対して)受けなかった地点へ(189手目に引き続き)2手続けて打ったんじゃないの? 日本語苦手?

  • 続き。終局については後ほど。先に大前提のルールを解説。 陣地の多い方が勝ち https://gyazo.com/8ce9df0fc37b92e9d624a6518b119b39 囲んだ領域の多い方が勝ちとなる。数えるのは石の数ではなく...

  • 続き 石の生き死に 終局を理解するために大切なのがこの石の生き、死にという概念である。 図1 https://gyazo.com/bf364ad38957405c6a3c67d3d7941b35 図1の黒は「死んでいる石」の例である。 死...

  • 続き 終局のタイミング 自分の陣地を増やしたり、相手の陣地を減らしたり、ゲームの得点に影響を与える地点がなくなったら、これ以上打っても意味ないよね、という事で終了となる...

    • いまいちわからない。 白の陣地に、死ぬことが確実な黒の石を置くと、白はそれを除去するために自陣に石を4個置かなければならなくて、その分白の地が減るような気がする。 アゲハ...

  • ルールのその先#1 「中手」 石が生きるには眼が2つ必要だと覚えました。 では逆に相手の石を殺す戦略はなんなのでしょうか。 それは相手の眼を奪うこと。眼を作らせないことです...

  • ルールのその先#2 「欠け目」 ◆図1 https://gyazo.com/a969e9f52474c953c7e4ccd979945e60 これは完璧な二眼の生きです。 ではこれは? ◆図2 https://gyazo.com/2cca06c4c4c7d37cccc2893682495ec6 図1と...

  • ルールのその先#3 「相手の石を取る」 相手の石を取るための様々な手筋があります。 手筋とはテクニックのようなものです。 シチョウ 「シチョウ知らずに碁を打つな」という格...

  • 攻め合い 図1 https://gyazo.com/027c88e506012c549ecc8137e00d7f78 多くの囲碁初心者が混乱しやすい図です。 黒△と白□の石がお互いにお互いの味方の石に接続されていません。 このような場...

  • 19路 https://gyazo.com/cc3c574cb9f9c06f4302ba38c8bf6248 だだっ広く、途方もなく広く、どこから手をつけていいのかわからない。 それが19路盤。囲碁の正式な対局盤です。 一体どこから手をつけ...

  • 代表的な布石 小目の布石 一例 黒・三村智保 白・趙治勲 https://gyazo.com/6763bf94fb9852400817acca50dce831 小目へ打ったら、シマるか、相手のシマリを防ぐ「カカリ」が打たれます。 白4、...

  • 実利と厚みについてはこちら(anond:20180929234326) 人生は実利(目先のお金)だけを追っているとジリ貧に陥ると思う。 実利を追ってる最たる例がしょうもないアフィリエイトブログ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん