2018-09-14

ちゃんが死んだ、ドラクエをやった

日新幹線で帰ってきた。

ちゃんが死んだ。

女手一つで兄と俺を育ててくれた母ちゃんが死んだ。

つの間にか喪服を着るのも慣れたおっさんになってしまった俺たち。

身長は兄を抜かしたが、今でも俺には大きく見える。

兄は地元公務員になった。

俺は都会へ働きに出て婿に入った。

葬式が終わってすげー久しぶりに兄と一緒に実家に泊まった。

荷物置きみたいになってた部屋に未だ処分されていないブラウン管テレビがあった。

その下にはもう長らく電源を入れられてない年季の入ったファミコンがあった。

もちろんブラウン管テレビはザーーーーだった。

試しにファミコンをつけてみたらちゃんと電源が入った。

すごいぞ任天堂

そして奇跡が起きた!

なんとなんとなんとドラクエ3のぼうけんのしょがまだ生き残っていたのだ!

俺たちが小学生だったの30年位前だぞ。

すごい!

ゆうしゃ・えのんレベル71)

は30年もブラウン管テレビの下で俺たちを待っていた。

ブラウン管からあの頃の懐かしい音楽が流れ始めた。

のんは楽勝でゾーマを倒した。

兄はうしろから俺がやるのを見ていた。

酔えない酒を飲みながらまた2人でファミコンやる日が来るなんて。

実家に帰ってきてはじめて涙が出た。

ファミコンやりながらで猛烈に情けないのだが死ぬほど泣いた。

妻や子供、兄家族、親戚の前では自然と強がっていたのかもしれない。

ドラクエが俺たち兄弟時間を一晩だけ子供の頃に戻してくれた。

ありがとう、ゆうしゃ・えのん

ちゃん本当にありがとうございました

兄も俺も父ちゃん知らないけどぶっつけ本番で父ちゃんになれたよ。

ちゃんよく言ってたけど、どうにかなるもんだ。

本当にそう思う。どうにかなったよ。

ゆうしゃ・えのんみたいに世界を救うことは出来ないけど、俺達に出来ることをやるよ。

ちゃんが俺たちにしてくれたみたいに出来るかは分からないけど頑張るから見守っててね。

匿名日記しかこんな風に言えない俺はやっぱりまだまだダメダメだな。

またレベルから頑張ろう。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん