2018-08-06

図書館戦争」って」作品、今考えると大して表現の自由に挑戦してないよな

原作もひたすら主人公岡田とのヘテロで慎ましい恋愛じゃん

 

主人公(しか原作者は当初想定して無かったと言う)

くらいしか新規性無いしさ

しかもその恋愛も「王子様と私~」みたいな手あかのついた

語句標準的日本漫画恋愛パターンじゃん

同性愛ペドケモホモユニコーンドラカーセックスならともかく、どこに表現の自由に挑戦してんだ?

 

そんなら別にガチガチキリスト教圏だろうと

から異性愛小説の類は山ほどあるし

上記少女漫画っぽいウブな恋愛なら、

わざわざ「表現の自由のために!」と啖呵切って

盾突かんでも、お上は許してくれるだろ

 

洋ドラのようなアチアチセックスシーンもグロシーンもない

天皇宗教権威側を茶化すような表現さえないのに

表現の自由の為に闘ってますぅ!って設定 

 

異性愛者が自由とか理念の為に

どうにかしてLGBT擁護するような、そういう無理くり感がある

マイノリティ主役にした方がずっと説得力あったのに

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん