2018-07-18

いつも思うことだけれど、封建時代的な女性像として主婦を取り上げるのを本当にやめてほしい。

私の母は主婦なのだけど、スーパー主婦だ。

どんな服の汚れも彼女にかかれば取れるし、料理も一通りできる。家にホコリになんて落ちてないし、小さい頃、ぞうきんが明日必要といえば、次の日の朝にできていた。

そんな主婦である

母は、そういった主婦仕事を状況に甘んじ行ったり、男性から圧力によって行ったのではなく、自らすすんでやっていたのだ。

小さい頃、料理を教えてといえば喜んで教えてくれたが、今は台所に入ると嫌な顔をされる、仕事を取るなということなのだろうか。

私は「女性社会進出」等と銘打たれて会社就職していく女性を見るにつけて、失礼な話だが、「ああ、私の母の社会のほうが大きいだろうな」と思う。

何が言いたいかといえば、女性男性自分のしたい仕事をやればいいということである。もちろん、待遇がいに沿わなかったり能力に応じてということは絶対にある。

私の母は主婦ですが、先進的な女性です。

政治家に紹介してやりたいのだ。

そんな機会はないか増田になってみた。

  • anond:20180718055530

    いやいや、「女性の社会進出」なんて言っている人は少子化による労働力不足をなんとかしたいだけだから、人々に好きな仕事を選ばれては困るんじゃ無い。

    • anond:20180718061929

      政治や経済の意向というのはわかるよ。 でもワードとして、「女性の社会進出」というのは間違っているし、政治や経済の意向で人の生き方をプロパガンダするのは間違っていると思う...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん