2018-07-13

チック症って理解の有無とか関係なしに不快でしょ

チック症自分理解してもらえないのはチック症がどういうものなのかを皆が分かってないからだ」ってチック症について説明しだすひとを見るたびに、そうじゃないひともいるんだよって言いたくなる。

そういう病気があって、どうしようもないことだって知識として分かってはいても、常に発される喉を鳴らす音とか喘ぎ声みたいな気持ち悪い声とかでかい溜息とか独り言とか、そういう音が生理的に無理で気持ち悪くて相手のことを丸ごと嫌いになるひともいるんだよ。わたしみたいな。

気持ち悪くて気持ち悪くてたまらないしこれ聞き続けてるうちに自分ノイローゼかになっちゃうんじゃないの?って思ってくる。わたしあなたのせいで人生棒に振りたくないかあなた会社やめてよって思っちゃうし。

でも周りのひとはそんなに気にしてないみたいだからわたしおかしいのかな?ってエクセルカウントマクロ作って毎日何回喉鳴らしたり溜息ついたりしてんのか数えちゃったりしてる。こういうことしてるとわたしが異常に見えるんだろうけど。

わたしはそのカウントされた数字見て毎日安心してる。

毎日こんなに喉鳴らして溜息ついて独り言言ってるんだからあのひとの方がおかしいし異常なんだ」って。これはあのひとが異常だっていう証明書

ベッドで眠ってても耳元であのひとの「ンッンッンッ」って喉を鳴らす音が聞こえた気がして飛び起きての繰り返しでもう長いこと熟睡ってできてる気がしないしこんなこと言ってる時点でもうわたしノイローゼでただの異常なのかもしれないけど。

  • anond:20180713083125

    本当に生理的なのかな。 不寛容の言い訳かもしれないよ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん