2018-07-12

anond:20180707183348

絵や3Dに関しては、ファン二次創作

いくらでも模造品が出来てしまうから

代替が難しい声質、声優キャラ二人三脚

そのキャラアイデンティティを作り上げることになるだろうね

 

では現にそれをやってるラブライブアイマス2.5次元界隈を見てみよう

そのブランディングをもってしてもキャラ賞味期限は5年かそこらで

ミューズは終わったし、シンデレラガールズ過去作になってしまった

 

やっぱり絵である以上、芸能人のようにハードワークさせる等の融通が利かない

リアルタイムリッチコンテンツ提供することが出来ない

結果的2.5次元3次元側だけがメディア露出で目立ってしま

実質声優コンテンツになってしまう(現ラブライブがまさにそう)

 

からスターシステムは難しい

3か月ごとに当たり前のようにキャラが量産される(3次芸能界ならあり得ないほどの供給過多)

アニメ業界なら尚更不可能

記事への反応 -
  • アニメキャラクターも実際の俳優のようになったら面白いかもしれない

    オリジナルアニメに限られるけれど。 たとえば『増田さんこんにちは』というアニメがあったとして、主役は増田さん、ヒロインは原田さん、主役のライバルは横田さんだとする。増田...

    • anond:20180707183348

      絵や3Dに関しては、ファンの二次創作で いくらでも模造品が出来てしまうから 代替が難しい声質、声優とキャラの二人三脚で そのキャラのアイデンティティを作り上げることになるだろ...

    • anond:20180707183348

      スターシステムとは違うの?

    • anond:20180707183348

      アニメの絵柄が統一されないと難しくない? 今どきのアニメはみんな似たようなもんだから問題ないのかな。

      • anond:20180707183726

        プリキュアってさ、毎年少しずつ絵柄が違うんだよね 検索すればすぐわかるんだけど で、こないだ15年前の初代がその頃の絵柄で最新作に出てたわけだけど、そこまで違和感なかった...

    • anond:20180707183348

      イベントでこんにちは!古田役を務めます森田を演じる斉藤です!みたいな挨拶すんの?

    • anond:20180707183348

      かなり面白いアイディアだけど、ものすごく尖った形で『ジャイアントロボ』がやっちゃったから、よほど上手い監督じゃなけりゃ二番煎じ扱いされちゃうかも。

    • anond:20180707183348

      ゼノグラシア

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん