2018-06-30

anond:20180627103425

すべての人が博乳主義者ではない。博乳主義でなければ人に非ずみたいな主張もおかしい。自分理想とするおっぱい出会えたときの高揚感を否定してはいけないのだ。

しかし、おっぱいは触れてしまえば案外とつまらないものである。触れずに脳内でアレやコレやと妄想しているときが一番性的な興奮を掻き立てられる。「おっぱいは遠きにありて思ふもの」と犀星が思ったかどうかは知らないが、手に触れた瞬間、魔法が解けたような感覚は矢張り犀星が記したふるさとに近しいものが在るのもしれない。

記事への反応 -
  • どんなおっぱいも好き

    みんな誇れ

    • anond:20180627103425

      すべての人が博乳主義者ではない。博乳主義でなければ人に非ずみたいな主張もおかしい。自分が理想とするおっぱいに出会えたときの高揚感を否定してはいけないのだ。 しかし、おっ...

    • anond:20180627103425

      ケンドーコバヤシの意見が最も正しい。「大きいおっぱい、小さいおっぱい、好みはあっても揉ませてくれるおっぱいが何より最高」完全に同意。

    • anond:20180627103425

      でかければでかいほどいい

    • anond:20180627103425

      どんなおっぱいもってホントか? ばーさんのしぼんで垂れ下がったおっぱいや、乳首まわりのイボイボがやたらと目立つ不気味なおっぱいでも同じこと言えるか?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん