2018-06-21

謎の点々塗り

小学生の頃、図工の絵画時間に点々塗りをしろ指導された。

筆先にのみ絵の具をつけて、点を打つように色を塗れというのだ。

なんでだ!?意味わからん

聞いても誰も理由説明できないし、すっと平塗りすると「はいペンキ屋さんで〜〜す」と担任から茶化されやり直しを命じられた。

俺より下手くそなやつが点々塗りでめちゃくちゃに褒められて、平塗りで塗った俺は図工は がんばりましょう である。ムキになって点々塗りは一切やらなかった。そもそも点々塗りは密集系が苦手な俺と最高に相性が悪い。

しか中学に入った途端、点々塗りは亡き者にされ、塗り方に一切の指導なんてない。絵で俺はいくつか賞までもらった。下手ではやはりなかったのだ。

絵とは全く関係ない世界仕事しているが、今もあの指導はあるんだろうか。平成の話である

  • anond:20180621180734

    単に点描を教えてるだけじゃん。

  • anond:20180621180734

    印象派のスーラみたいな絵を描けと指示するべきだったんやな そんなん小学生でやったところで意味あるのと言われるともちろん意味ないよ

  • anond:20180621180734

    指示はするのにあらかじめ理由を説明しないで他のやり方をけなすのって、ほんと下手くそだと思うわ。 最初に色々見せるなり教えて今回はこのやり方にしようって言えば子供でも分か...

    • anond:20180622004804

      たぶん先生は言ったんだろうけど元増田が理解できなかったんだろう。小学生やぞ。

  • anond:20180621180734

    教える側が茶化すのは最悪だな やる気が削がれるに決まってる、そんなの

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん