2018-06-19

anond:20180619102500

理想を言えばそうでしょうが

現実的には表現の自由というのは守られて当然のものであるとは言えないと思います

歴史上に名を残した作家であっても当時は思想犯政治犯扱いだったり当局特定政治的団体との軋轢を抱えていたような人物は数多く存在しており

彼らが敵対者に隙を見せ政治的敗北を喫しないためにこそ表現を洗練させていったという側面は間違いなくあるでしょう。

偉業を成し遂げられたのが表現の自由が無制限に許された結果であるとは限らないのです。

記事への反応 -
  • https://anond.hatelabo.jp/20180619101330

    まあHINOMARUだって架空の国の愛国者の心情を歌う内容でこれが日本のことだとわかる人にだけわかるように作ってたら まったく炎上しなかっただろうし賢いクリエイターはそういうこと...

    • anond:20180619101330

      なんで「日本への愛国者」に反発するような愚か者に配慮せにゃならんの?

      • anond:20180619101715

        愚か者への配慮だけでなく 焼き殺されないで活動を続けられるという実利と高度な表現技法を誇示できるというメリットが大きいのではないでしょうか

        • anond:20180619102235

          高度な表現技法を誇示できるというメリットが大きいのではないでしょうか こちらはまだわかる。 焼き殺されないで活動を続けられるという実利と しかし、こちらをメリットと...

          • anond:20180619102500

            理想を言えばそうでしょうが 現実的には表現の自由というのは守られて当然のものであるとは言えないと思います。 歴史上に名を残した作家であっても当時は思想犯、政治犯扱いで当局...

            • anond:20180619104415

              嘗ての偉大な表現者が生きてた時代は、名目上の表現の自由すらなかったわけで、 それを現代と一緒くたにするのは筋が悪いでしょう。 まして、昨今話題になってる、潰されていって...

      • anond:20180619101715

        愚かなのはお前だよな

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん