2018-06-13

生理かぶ備忘録

現在発生しているトラブルと、考えうる対処法をまとめておきます。誰かの役に立つかもしれないし、何ならまた来月の自分の役に立つかもしれないし。

■発生したこと

生理中にナプキンかぶれが発生→陰部の強烈な痒み→いつのまにか膣口などが出血

■なぜ発生したか

そもそもの体力低下

今月のPMSは強烈だった。腹痛と頭痛が交互に発生して、予定をキャンセルレベル。思えばこの時点で体が弱っていた。リジンなど免疫力向上のサプリなど飲むべきだった。

・蒸れ

締付けと群れが直接的な痒みの原因。ナプキンはどうしたって蒸れる。月経カップタンポンを使うのも一手かも。

・洗いすぎ?

風呂で陰部を石けんで洗いすぎたかもしれない。

■やったこ

ナプキン

生理最初から布ナプキン使用していれば発生しなかったかもしれない。痒みに気づいて「肌おもい」に変えたけど、特に楽にはならず。更に布ナプキンに変えたけど、多少快適さはあるものの手遅れ。痒みで発狂しそうだった。真に敏感肌女性が使っている銘柄が知りたい。

フェミニーナ軟膏

出血しているときは塗りにくいし、粘膜には塗れない。塗れた場所は多少楽になるけど、一番かゆい粘膜には塗れない。Iラインは面積も大きいし、意味があったかも。お風呂上がりに、タオルをだめにする覚悟出血を塞ぎながら周辺部の肌の水分を拭い、粘膜以外に塗る。

・締めつけないように

生理が終わっても痒みは続く。いつのまにか掻きむしったのか、粘膜や膣口の皮が剥けていて、うっかり刺激があると泣くほど激痛が走る。極力ノーパンで暮らす。ゆるい仕立てのガウチョパンツなどで外出時もノーパンがバレないように気をつける。眠るとき下半身のみ裸。とにかく陰部が接触したり蒸れないことを最優先にする。

・冷やす

風呂のあとなど体があたたまると痒みが気になる。タオルに包んだ氷などをまたぐらに入れて冷やすタオルパイルが粘膜に当たると痛いかガーゼ素材などを選ぶ。

さらに上段の解決策はないのか

ふんどし

締めつけが蒸れの原因になっていると感じる。女性ふんどしに興味がある。ウンナナクールのななふんはもう廃盤か?満月パンツという商品がある。手ぬぐいを多少加工すれば女性ふんどしができるらしい。

・粘膜に濡れる軟膏はないのか

メモAなど通常部位のやけどや切り傷に塗る軟膏は、粘膜に塗ると危険だろうか。ステロイド剤はNGらしい。一刻も早く傷を直したいとき、あてがえる外用薬はないのか。

  • anond:20180613151937

    きっしょ

  • anond:20180613151937

    かゆみの原因は、雑菌の繁殖。 しばしば、洗いすぎが原因になるのも、膣内常在菌が洗い落とされたスキを狙って雑菌が繁殖してしまうため。 騙されたと思って乳酸菌サプリを摂取する...

    • anond:20180613152753

      ありがとう、明日サプリ買いに行く。今日はとりあえずヤクルト飲んでる。ガーゼ素材のパンツなら履くことができるようになりました!

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん