2018-06-12

2018年6月12日

食品製造する最新技術を集めた展示会が開かれ、人手不足を補う様々な技術が登場した。

これまで、人手がかかっていた盛りつけ作業も最新機器を使うと監視役の人が一人いれば1時間で1500パック作ることができるという。別の機械では、ケーキのスポンジにクリームを塗りホイップでデザイン自動で施すことができる。また、「べっこう飴」の製造には熟練技術を要していたが、機械を使うと素人でも簡単伝統の絵柄を描くことができる。

これらの最新技術人手不足が深刻化する中、スーパーなどでの活用が期待されている。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん