2018-05-01

よくある話なんだろうけど

ここ3年間、片思い相手のことを世界一愛している。相手には家庭があり、アクションを起こしてはいけない、気持ちを伝えることももちろん許されない。

私がこれから享受する予定の人生における幸福ポイントすべて使い果たして構わない。彼と彼の大切な人達世界一幸せだと感じられますように、楽しいことは出来るだけたくさん、悲しいことなるべく起こりませんようにと暇さえあればなんの効力もない、頭の中の神様への祈りを繰り返すだけの毎日だ。

一目見た瞬間、名前も知らずまだ一言も交わさないうちに私この人のことを好きになる!と雷に撃たれた。何様だと我ながら思うが、彼は、面食いの私がそれまで幾度となく恋してきたいわゆる"イケメン"とは程遠い。それでも言葉を交わす度好きな気持ちは募るばかりで今に至る。

なんでこんなに好きになっちゃったんだろうなぁと答えの出ない疑問を何度も考えてきた。しか最近ひょっと、あることに思い当たった。

彼らを構成するほんの一部分に過ぎないが、彼と私の父には共通点がちょこちょこあるのだ。ファザコンかな

出身地誕生日干支血液型。兄妹構成性別込み、両親の職業(珍しい組み合わせだと私は思っている)。同年代学生時代家族構成のある変化。飼っていたペットとその種類。職業複数趣味。そして漢字表記こそ違うが名前パートナー名前それから子供名前

このくらいの共通点、世の中のどんな2人でも探せばまああるものだとも思う。というか図に乗らないよう、必死に思っている。あくまでも父との共通点であって、私自身との共通点じゃないし...

それでもこれまでの会話を思い出しては同じところを指折り数えて、ドキドキするのを止められなかった。答え合わせができた!とつい興奮してしまった。

叶わないけどもしかするとこれも1つの運命かもって、このバカに夢だけどうか見させてねー

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん