2018-04-23

かに僕の文章を好きだと言って欲しいときに僕の語ること

最近、新しいパソコンを手に入れた。

影のように冷やりとしたそれは、彼女が僕にプレゼントしてくれたものだ。

「進級祝いに」と彼女は言った。

僕はほんとうは留年をしたのだけれど、そのことには触れなかった。

いくら真実を言っても、人はどこにもいけないのだ。

そうして、僕は彼女と寝た。

この無口な新しい同居人に慣れるためにも、これからは、鳩時計のように定期的に日記を書き続けていきたい。

そんなわけで、僕は時の淀みの中ですぐに眠りこもうとする意識ビール煙草で蹴とばしながら、この文章を書き続けている。

ここで文章が終わってしまうのは、いかにもハンバーグの下に敷かれたスパゲッティのようで、味気ない。

自己紹介も兼ねて筆を進めて行きたいと思う。

僕の性別男性、歳は二十代前半、大学生をしている(授業にろくに出ずに籍だけを置いている人間大学生と呼んで良いのであれば)。

僕の不徳の致すところにより、これから先数年は学生身分を続けなければいけないことになっている。

単位から逃げられないし、逃げるべきではないのだ。

僕は、文章を読んだり書いたりする事が、春の熊くらい好きだ。

もっとも、僕の作文能力や長文に対する集中力は、近年流行った短文型SNSにすっかり毒されてしまっているみたいだけれど。

それに対して、言語を介さな思考というものには、滅法弱い。

図や数式といったものを、そのまま扱って思考することが出来ないし、スポーツをするときも、身体の動きを文章理解しないと再現できない。

言葉を介さな思考をするくらいなら、ボールベアリング歴史とか、ウクライナ鉱物資源分布状況とか、そんな話をしていた方が、まだましだ。

なんとも生き辛い脳の性質をしている。

文章であふれた場所は、冷えきったビールと同じくらい好きだ。

疲れている時は、幼稚園児が春の昼下がりに書いたような文章に浸り続けるに限る。

Twitter最高、Instagramなんて「クソ喰らえである

大学になる前の憧れは、モノ書きになることだった。

もう少し今よりも若者らしい服を着ていた頃の僕にとって、大学生とは、ヒマな時間を腐るほど持て余し、自らの趣味に没頭するものだった。

から大学生になった自分は、上質な文章に触れ続け、いつかは自分自身で上質な文章を生み出すようになると信じて疑わなかった。

しかし、実際の大学生は、勉学、部活動やその他の雑務(そう、そこにはもちろん、女の子と寝ることだってまれている)に忙殺されてしまものであり、とても自らの趣味を極める余裕などないのである

少なくとも僕には、デレク・ハートフィールドの墓を見つけるよりも難しい。

この話を聞くと、趣味時間も十分に取れないほど勉学や部活動に熱中することが出来て幸せではないか、と考える人もいるだろう。

オーケー、いいかい?

「忙しいという感情は充実の証明だ」

そのように考える人間は、思春期ハムスターみたいに、回し車を回し続ければ良い。

きっと、焼きたてのパンを日だまりで食べている人のように幸せになれるだろう。

忙しさというものは、時間を圧迫するだけではなく、ヒトが自由時間創造的な行動をする気力を奪う悪魔なのだ

今日からの僕は、隠し味を入れたパスタのように一味違う。

このはてな匿名ダイアリーという戦場で、忙しさという悪魔に打ち勝って、自らの創造性を再獲得するのだ(僕がかつて創造性を持っていたかはともかくとしても)。

これくらい文章を書くと、生まれて初めてパソコンに触っても、丑三つ時のコウモリのように自在タイプすることができるようになることが分かった。

今日は、この辺りで筆を置きたいと思う。

(そろそろパスタが茹で上がった頃だ。)

これからは、気が向いたら何かしらのテーマを持った文章を書きたい。

二日酔い迎え酒をしながら書いたようなこの文章にも、ブックマークしてくれると嬉しく思う。

anond:20180422154919

記事への反応 -
  • 誰か、僕の文章を好きだと言ってくれませんか

     最近、新しいパソコンを手に入れた。進級祝いだと言って、彼女が僕にプレゼントしてくれたものだ。こいつに慣れるためにも、これから定期的に日記を書き続けていきたいと考えて...

    • 誰かに僕の文章を好きだと言って欲しいときに僕の語ること

      最近、新しいパソコンを手に入れた。 影のように冷やりとしたそれは、彼女が僕にプレゼントしてくれたものだ。 「進級祝いに」と彼女は言った。 僕はほんとうは留年をしたのだけれ...

      • anond:20180423203521

        いつ「やれやれ」からの「僕は射精した」が出てくるのかと思ってずっと読んじゃった

      • 最近、新しい斬魄刀を手に入れた

        家族を救うためだと言って、朽木ルキアが僕にプレゼントしてくれたものだ。 こいつに慣れるためにも、これから定期的に虚(ホロウ)を尺魂界(ソウルソサエティ)へと送り続けてい...

    • anond:20180422154919

      増田歴クソ長いがこんなクソ長文を読んだことない。 甘えたクソ野郎のクソ長文。 まずタイトル。 誰かってなんだよ。誰でもいいのか?弊社を選んだ理由はなんですか?甘えんな。お...

    • anond:20180422154919

      小難しく書こうとするあまり情景が浮かんでこないし言いたいことが逆に伝わりづらくなってる。 良い表現や良い比喩というのは料理に薬味を添えるように使うべきであって、君の文章...

    • anond:20180422154919

      オイコラなんとか言ってみろよ。クソ長文かいて申し訳ございませんでしたと言え。それとも僕の長文はクソじゃないってか?え、どっちか言ってみろや。

      • anond:20180422162722

        どんなに長いやつかと思ったら大したことない長さで逆にびっくりしたわ 増田での長文なんてあんなものじゃないって

    • anond:20180422154919

      パンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンティーパンテ...

    • anond:20180422154919

      うるせえ ゴタゴタ言わずに ブルマ履いてオナニーだ 誰の心にも美少女は眠っているのだ

    • anond:20180422154919

      なんかムカつく文体と内容だった 留年したことを勿体ぶった言い方しても格好良くないし 単文投稿サイトとわざわざ書くならツイッターと固有名詞をあとから出すなよ

    • anond:20180422154919

      個人ブログでやれ

    • anond:20180422154919

      まったく面白くないので、無用な気取りを捨てるところから始めてみてはいかがでしょうか。

    • anond:20180422154919

      こんな増田に投げたらハチの巣にされるということは火を見るよりも明らかな文章をあんな承認欲求ごり押しタイトルで投稿できる精神構造に関しては光るものを感じる

    • anond:20180422154919

      筆を進めて行きたい 不徳の致すところに依り なんとも生き辛い : : なんかもうピックアップするのも面倒なのでこのへんでやめるけど、表現が古臭くて回りくどくて陳腐。 背伸びし...

    • anond:20180422154919

      文才はないようですね。

    • anond:20180422154919

      まず、タイトルがいい。天才、天才すぎる。才能に恵まれ過ぎてる。感動!

      • anond:20180423161033

        ごめん、好きかどうか、だったな。好きか、嫌いか、で言えば、嫌い、だな。すまん

    • anond:20180422154919

       こういう冗長でわざとらしい書き方をする奴って時々見るけど、どういうプロセスで生まれるんだろ。中高生に人気の作家かなんかでこういう書き方をするのがいるのかな。 それはと...

    • anond:20180422154919

      文章をはじめて書いた。 母は業務スーパーで買ってきた、冷凍のアジフライを揚げている。 大学生になったけど、友だちはいない。 ネットでもみんな見て見ぬふりをされる。 花屋で花...

      • anond:20180423174116

        !? 母は業務スーパーで買ってきた、 「母は」の後につけましょう。

    • anond:20180422154919

      何かに似てるなーと思ったら、あれだ。ウィキペでよく見る文だ。作文じたい慣れてないくせに高尚に見せようとしてボロが出てる文。ウィキペ全域で観察されるのでウィキペ文体と俺...

    • anond:20180422154919

      一人称がしっくりこないので、小生にしてくれ。

    • 誰か僕の書く文章を好きだと言ってくれませんか

      なぜこの文章を読むであろうみなさん、それは実のところ赤の他人であるが、に僕の書く文章を好きだと言ってほしいのかと僕が思っているのか?それには深い理由があります しかしそ...

    • 君に、私の文章を好きだと言ってほしい

      色々あって周りよりはちょっと歳のいってる大学生。工学系だからおそらく修士までは行くことを考えるとアラサー新入社員になる未来が待っている。恐ろしい恐ろしい。 私のパソコ...

    • 君に、私の文章を好きだと言ってほしい

      色々あって周りよりはちょっと歳のいってる大学生。工学系だからおそらく修士までは行くことを考えるとアラサー新入社員になる未来が待っている。恐ろしい恐ろしい。 私のパソコ...

    • anond:20180422154919

      その意気やよし、まずは君の言葉で綴った文章を書いてくれ

    • anond:20180422154919

      ぎこちなさはあると思うけど、よい文だと思う。 あんまり共感できないツッコミが多かったんで、気にせず書いてほしいなあと思ってます。

    • anond:20180422154919

      森見登美彦っぽい(というか四畳半神話大系の主人公っぽい)感じで脳内再生された この具合でいい感じに煮え切らない学生生活を送って下さい! 大いに煩悶しよう! そういうのも大...

    • 俺は、君の書く文章を好きだと言うよ

      最近、新しい絆創膏を手に入れた。怪我をしたわけじゃないし、リンボーダンスをしたわけでもない。 そしたらミジンコが、あっ、僕は急須の中でミジンコを買っているんだけど、こう...

    • anond:20180422154919

      文芸サークルとか所属してて、寄稿してる人のを下手だなんだとか言う割に自分のは読んでもらうのが怖くて一度も出してなさそうな感じ

    • 誰かが、僕の文章を好きだと言ってくれたなら

      anond:20180422154919 「――進級祝いだよ」  彼女はスマホから目を離さずにそう言った。  初夏も迎えていないのに油断すると汗がにじむ、春の陽気とはいい難い日だった。すこしだけ呆...

    • https://anond.hatelabo.jp/20180422154919

      macはパソコンじゃないだろ

    • 基本構成を変えずに良くしようと思ったけど俺にはこれが限界だった

      最近彼女から新しいパソコンをプレゼントしてもらった。他に使いみちもないので文章を書く練習をしてみたいと思う。 まずは自己紹介。二十代前半の男性、大学生。普通二十代前半と...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん