2018-04-05

ブリュッセル横堀裕也ベルギー議会は3月29日、ロラン王子(54)に支給される2018年分の約31万ユーロ(約4000万円)の王族手当について、15%減額することを賛成多数で決めた。

 王子政府に無断で在ベルギー中国大使館の記念行事に参加したことを、王族義務違反判断した。

 王子弁護士を通じ、「大使館行事への参加は友人の招待に応じたもの政治的意味合いは何もなかった」とし、手当の減額は「人権侵害だ」などと主張した。議会に宛てた書簡でも、「縛りばかりの人生で、私には職業選択の自由もなかった」と苦しい胸の内を訴えていた。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん