2018-03-14

森友問題を騒ぎ立てるマスコミ国民違和感

森友の問題で鬼の首を取ったようなマスコミ野党や多くの国民がいるみたいですが、それで本当に国家前進するのでしょうか。

本当の問題マスコミや一部の政治家日本現在問題を正しく捉えていないことではないでしょうか。

国家リーダー国家の成長を導くため、課題設定をし、解決策を示し、実現するための体制を築くこと。

ますます深刻化する国際情勢や中長期に衰退していく経済予測多様化、複雑化している社会問題など集中して取り組んでほしいことが山ほどあるはずなのですが。

難易度が高い問題に取り組まなくてはならない行政機関が、その問題に取り組めなくして日本沈没させようとしているように見えてしまます

政治世界利害関係者が多すぎて強力なリーダーシップを出しにくいとは思いますが、本当に取り組まないといけない問題はなんなのか。

国民が選んだリーダーが、リーダーとしての責任を果たせるように支援することが、国民のあるべき姿なのではないでしょうか。

もちろん不祥事問題なので放置できませんが、たくさん小さな問題を起こすが国家前進させるリーダーか、問題を起こさないがなにも行わず国家を衰退させるリーダーが、どちらがよいかと選べるならば、私は後者よりは前者でよいと思っています

現在内閣国家前進させることができているのかどうか。

マスコミ国民には、まずはその一点で首脳陣を評価してほしい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん