2018-02-28

LadyKazuko の日々

Yahooチャット華やかなりし頃、LadyKazuko というHNログインしていた。

あそこは反知性主義と言うか、反学歴主義がひどくて、よく言うじゃないですか、東大出ても使えないのはいる、みたいな。

そんなの当たり前じゃん、そもそも東大出なくても使えないのはいるんだから東大でてるだけマシだろ、って思うんですが、東大出を否定すればマウンティングとれるみたいな、

ありがちなポピュリズムがあって、学歴知識とはまた違った物差しを持ってきたらどうなるのかって思ったわけです。


LdayKazuko は1955年東京世田谷区で生まれ、旧華族の三女、聖心在学中に英国留学して、現地で日本美術のキュレータの資格を取って、大英博物館に勤務、食料品店チェーンのオーナー男爵結婚して、男爵夫人になり、英国在住、というプロフィールにしたんですわ。

Yahooチャットにもごく少数いた本物の知識人、まあ、必然的リベラルが多くて、Yahooマジョリティネトウヨなんで、かんかんがくがくやっていたわけですけど、知識対決になればネトウヨ太刀打ちできないわけですよ。彼ら保守を名乗っていてもオルテガチェスタトンも読んだことありませんみたいな人たちなんで、涙枕を濡らすのになっちゃうわけです。

で、「サヨクは偉そうなことを言うけど何もわかっちゃおらんわな」的な、よくある泥仕合になるんですが、そこでLadyKazukoはそうだそうだと煽りに煽るわけです。

そして「たか東大出たくらいで偉そうな貧民が、人間はやっぱり生まれが良くないと。しょせん平民上がりに政治が分かりますか?」

とやるわけですね。

ネトウヨはシーンですよ。

まあ、考えたら彼らも「努力次第で社会階層を昇れる」というメリットクラシー信者というか、当たり前にリベラルの成果を享受していて、彼らの場合は「努力もしないで俺の言うことは正しい」なわけだからある意味平等主義の究極にいるわけです。意見というもの学問的にオーソライズされなければならないと考えているリベラルの方が権威主義的なのであって、そこで前近代的アリストクラシーによる価値判断提示すると、ネトウヨリベラル対立自体がぐわんぐわんと揺らぐのですね。

そういうことをやって遊んでいました。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん