2018-02-14

おじさんおばさんにもっと寛容になるべきではないか

「今の世の中の常識がわかってない」「時代遅れおっさん」という批判がよくネットに溢れており、そうした人へは厳しすぎるほどに厳しい批判が向けられる。(おじさんと同様におばさんにも大概な人がよくいるのだが、おばさんは無視される傾向にある)

だが、ちょっと待ってほしい。

それは頻繁にネットを見て情報収集に明け暮れる暇があり、たまたまそういう情報に触れた人にとっての「一般常識」ではないだろうか?

「私はおっさんおばさんだけど、ちゃんと今の常識についていけてます」という人がいるのなら、なぜ遅れている者への配慮がないのだろうか?

君たちは一回り下の世代の「常識」がわかるだろうか?

50代にとっての40代40代にとっての30代。30代にとっての20代20代にとっての10代。

世代10年近く違うだけで、全く「常識」がわからないのが普通だろう。

まり世代が違う人への寛容さがあっていいはずなのである

常識というもの世代を超えたものとして存在すると思われがちだが、現にこうしたある年齢層以上には無い常識という考えがある。

それはつまり常識には世代ごとの隔たりがあると言っているようなものだ。

おっさんおばさんが若者へ向ける不寛容さ、若者おっさんおばさんへ向ける不寛容さ。そのどちらも同質のものである

「長く生きてるほど賢くて偉い」という幻想などとうに無くなった時代からこそ、「年上のくせにこんなことも知らないのか」という偏見も打倒されるべきなのである

「これだから若い奴は」が叩かれてきた流れと同じように、「これだからおっさんは」という人が人を冷酷なほど厳しく批判できるような断絶を見逃してはならない。

トラバで指摘されて気づいたが、はてな村でも近年頻繁に「若者の間で常識的ネット情報を知らない」という老化現象が起こっている通り、年を取るにつれて情報収集速度の低下が見られるので、いつまでも人は昔のような速度で情報収集情報処理ができないという問題があります。誰もが一瞬で時代遅れとなりうるほど情報の速度が上がっている時代、老化し始めたネット第一世代にもこういった寛容さが必要になってくるのではないでしょうか。

あとネット特有問題として、ツイッターはてブもその他のサービスもいつ無くなるのか判らないという問題があり、そういうハブが無くなった場合、これまでのような常識を振りかざすこともできなくなるでしょう。その時必要になってくるのも寛容さなのです。

  • anond:20180214140046

    言っていることはわからないでもないけど、全くそうは思わないな。 頭の固いおっさん・おばはんが足を引っ張っていることで社会の生産性を低下させているのは事実。 ネットに触れる...

    • anond:20180214141621

      「年を取るにつれて誰もが生産性を下げて社会のお荷物になっていく」という前提があり、リスクからの回避のためにも寛容さが必要だと思います。

      • anond:20180214142310

        同意です。常に全力で努力し続けないと生き延びられない社会は、次第に脆弱になり破綻します。 人間の能力や理性に対する過信、それもひどく雑で傲慢な過信は、ある種の知性の欠如...

  • anond:20180214140046

    これは全くの正論だと思う。各世代が自分より10〜20歳下世代の常識を正しく内面化させる事は多分出来ないと思う。その上で社会を回して行く中心層が下世代に移行した場合は、上世代...

  • anond:20180214140046

    すごく狭い範囲の話になるけど、ときどき 「愚かなるFAX!! 今すぐFAXを打ち壊せ!! FAXを用いる旧人類ごと焼き滅ぼすのだ!!!」 みたいな流れでなることたまにある...

    • anond:20180214210549

      ファックス叩いて気持ち良くなってるだけだからな。あれ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん