2018-02-13

酒に弱いゆとりなんだけど

社会アルハラが多すぎないか

とりあえず1杯目がビールなのも辛いし

ビール以外を頼むと和を乱した扱いを受けるのも辛いし

カシスなんとかなんて頼もうものなら最後最近若いのは云々〜〜」とマウント取られるのも辛いし

まだ飲み切ってもないのに勝手に酒注がれるのも辛いし

「まだ飲めるよ」だなんて相手の体質を完全に無視した無責任なこと言われるのも辛いし

こちらが辛いだなんてことは完全に想定外であるかのように酒を注いでくるのも辛いし

酒を注ぎ合うのが礼儀マナーであるみたいな空気も辛い

(あるいはそれらは礼儀ではなく日本特有陰湿嫌がらせ目的なのかもしれないがとにかく辛いものは辛い)

あと「若いから飲める」などという 猿でも20秒考えれば筋が通っていないことに気がつく謎の理屈を、違うヒトの口から何百回も聞かされるのも辛い

自分は一滴も飲めないわけではないが、パッチテストで言うと最弱の部類で、アルコールの分解が絶望的に苦手なのだと思う

ジョッキ二杯でも飲もうものなら激しい頭痛に見舞われ翌朝起きれず仕事どころではなくなる

いっそ一滴飲んだら倒れるレベルまで振り切ってしまった方が周りの理解を得られていいのではないかと思うこともある

今の環境は無理に飲まされるわけではないからマシな方なんだろうなとは思うが、

アルコール激弱人間としては辛い場面が非常に多いし生きづらい

ゆとりの甘えた泣き言に映るだけかもしれないが、

ブラック企業の働き方やジェンダー問題糾弾されまくってる今のご時世なので、アルハラ問題ももうちょい声高に叫ばれてアルコール弱者に優しい社会になってくれたらいいなと思う

  • anond:20180213231328

    飲み会行かなきゃいいだけだろ 自分から飲みに行っといて何をほざいてるんだ

  • anond:20180213231328

    つらいね。 世間的には減っていく傾向にあるけど、残る所には残るんだろうなあ。 自分はもう40を過ぎたオジサンなので無茶ぶりもされなくなったが、若手の頃はキツかったな。当時は...

  • anond:20180213231328

    少し飲めるからといって付き合うからよくない 完全に飲めない(飲まない)なら最初からそういう対応になっていく

  • anond:20180213231328

    うーんジェンダーとは流れが違うからね。 アメリカ諸国の人たちはみんなお酒強いから、アルハラ自体があんまりないのかと。 差別問題を日本だけで解決するって結構難しいよね。

  • 飲み会で場を醒まさずに酒をうまく断るコミュ術

    誰か伝授してくれ 需要はあるぞ多分 anond:20180213231328

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん